アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD

<名古屋地下鉄アスベスト飛散>いつの間にかなくなった安全率

◆「安全側」に立ったシミュレーションは実施されず

2013年名古屋市営地下鉄・六番町駅で起きた超高濃度のアスベストが飛散する事故をめぐり2016年12月12日、同市が開催した事故の健康影響を調べる検討会は意見書を発表。この飛散事故によって駅利用者に中皮腫などのがんが増えるリスクは「環境目標値を下回っていた」との“安全宣言”を出した。しかし、安全率がいつの間にかなくなったにもかかわらず説明もない。(井部正之)

2015年6月15日の検討会議事録(名古屋市)には「約5割増しの濃度」でシミュレーションを実施したとの主張が記録されている

2015年6月15日の検討会議事録(名古屋市)には「約5割増しの濃度」でシミュレーションを実施したとの主張が記録されている

事故時の測定データが存在しない「空白の1日半」について、濃度上昇による最悪の想定をしないまま健康リスク評価が実施されたことをこの間報告した。

関連写真を見る:六番町駅の地上にある「排気口」。ここでもアスベストが検出された

当初、六番町駅アスベスト飛散にかかる健康対策等検討会(座長:那須民江・中部大学生命健康科学部教授)には駅利用者らの健康リスクを調べるために実施するアスベストの拡散シミュレーションを開始するにあたって、より安全側で実施したいとの意向が一応存在した。しかし、実際には「安全側」に立ったシミュレーションは実施されなかった。

おおよそは本サイトに9月16日付けで掲載した拙稿を参照していただきたいが、記事掲載後の検討会で若干の修正はあったが、結局最悪を想定した評価まではされなかった。

拙稿から少し引用すると、〈2015年6月15日の検討会で市は「健康影響への評価を行うためのシミュレーションであることから、安全側で実施する必要がある」と委員に求められたため、アスベスト濃度の実測値である1リットルあたり700本ではなく、アスベスト以外の繊維も含む総繊維数濃度の同1100本を「仮定濃度」として採用したと説明している。市は「これによりシミュレーションは、実測されたアスベスト濃度より約5割増しの濃度で実施しています」と“安全側”で試算していることを強調する〉

前回報告した「空白の1日半」のようなデータの不在がある場合、通常の検討では濃度が上がった場合も想定したうえで、念のため、さらに濃度を何倍かするなどして「安全率」を設けることが多い。市交通局は濃度上昇は考慮しなかったが、「約5割増し」の安全率を喧伝していた。

〈ちなみにこの「5割増し」との説明だが、じつは一律ではない。もう1つの「仮定濃度」である2013年12月13日午後3時10分から同4時3分までの測定値ではアスベスト濃度は100本/リットルだが、総繊維濃度は110本/リットルであり、1割増しでしかない。最初から「安全側」で「5割増し」との説明は水増しされていた側面がある〉

このように2つしかない重要測定データの一方でさえ安全率の説明と実態にかい離があったのである。

アスベスト曝露による健康リスク評価は歴史的にアスベスト濃度ではなく、ほかの繊維も含む総繊維濃度で実施されてきた。そのため、総繊維濃度の一部でしかないアスベスト濃度で比較してしまうと、健康リスクが過小評価されてしまう。つまり、市側が説明した安全率などそもそも存在しなかったということだ。

実際にシミュレーションは市側が当初主張した「5割増し」の安全率などなしに実施された。

そもそもシミュレーション実施後まで市側はアスベスト曝露による健康リスク評価が総繊維濃度で実施されてきたことすら知らなかった。委員からの宿題として過去の同様の事例を調べていたにもかかわらず、である。もし委員が総繊維濃度で実施するよう検討会で求めていなければ、過小評価していたところだった。

筆者の取材に対し、市交通局営繕課は「ポアゾン分布に基づく上限値を採用したので(余裕はあり)問題ない」と主張したことがある。

ポアゾン分布はまれに起きる事故や病気の発症について、特定の期間に起こる確率がどれくらいなのかを示す統計学、確率論上の定理である。今回の件では総繊維濃度1リットルあたり1100本という測定値におけるポアゾン分布の上限値である同1300本を採用した。これはあくまで同1100本の総繊維濃度という測定値に対する統計学的、確率論的な偏差を補正したに過ぎない。その後の時間帯における濃度上昇や、そうした場合を想定した安全率の採用とはまったく無関係である。

結局、検討会では濃度上昇と安全率のいずれも考慮されず、委員が当初主張した「安全側」に立った評価はされなかった。つづく【井部正之】

【関連記事】
<アスベスト問題> 名古屋市、最悪の高濃度飛散を1年公表せず 
アスベストから身を守る~市民のための曝露防止マニュアル(井部正之) 
名古屋地下鉄駅構内でアスベストが高濃度飛散~明かされぬ曝露実態と行政の不手際

 

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top