アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

日本版「否定と肯定」裁判で問われた南京事件(加藤直樹)

夏淑琴裁判の判決を伝える報道記事

◆厳しく退けられた「証言否定」
昨年12月から公開中の『否定と肯定』というイギリス映画が話題を呼んでいる。ナチスドイツのユダヤ人大量虐殺、いわゆる「ホロコースト」について研究するアメリカの歴史学者デボラ・E・リップシュタットが、虐殺の史実を否定するイギリスの学者デイヴィッド・アーヴィングについて「史実を歪曲し、文書を改ざんし…データに間違った解釈を施す男」と痛烈に批判したことで、アーヴィングに名誉棄損で訴えられるというストーリー。実話である。

イギリスでは、名誉棄損の裁判において立証責任は被告側にある。リップシュタットと弁護士たちは、アーヴィングが差別主義者であり、史実を歪曲していることを法廷で証明しなければならなくなった。『否定と肯定』は、スリリングな法廷劇を通じて、負の歴史に向き合うことの意味を問いかけてくる。

ところで、この映画を地で行くような裁判が、日本でも行なわれたことをご存知だろうか。「夏淑琴裁判」である。ただし、名誉棄損をめぐる構図は逆だ。

裁判の原告となったのは中国人女性の夏淑琴さん。彼女は日中戦争時の1937年12月、日本軍が当時の中国の首都・南京とその周辺で多くの捕虜や民間人を虐殺した「南京事件」の生き証人だ。当時8歳だった彼女は、同居していた家族のうち7人を、自宅を襲った日本兵に虐殺され、自らも銃剣で突き刺された。その証言は当時、アメリカ人宣教師が残した記録にも裏付けられている。彼女は、そのつらい経験を人々の前で語ってきた。

ところが、「南京虐殺はなかった」と主張する東中野修道・亜細亜大学教授が、その著作の中で、宣教師の記録を翻訳し、検証した結果として、記録に登場する少女と夏さんは別人だと主張したのである。つまり夏さんはニセの被害者だというわけだ。これは、家族を目の前で殺された夏さんにとっては耐え難いことであった。彼女は2006年5月、東中野教授とその著作の出版社を名誉棄損で訴える。

裁判の大きな争点は、東中野教授の「検証」に果たして真実性があるのか否かであった。原告側、つまり夏淑琴さん側は、東中野教授の立論の破たんを明らかにしなければならなかった。彼らは東中野教授の翻訳に注目する。キーワードとなったのは宣教師の記録に出てくる「bayonet」という単語だ。この言葉には、銃剣で「突き刺す」と「刺し殺す」の二つの意味がある。原告側は、この「bayonet」から始まって、東中野教授の翻訳の不自然さや矛盾を明らかにしていったのである。 詳しくはこの裁判などについて報告した『南京大虐殺と「百人斬り競争」の全貌』(金曜日刊、09年)を読んでいただければと思う。
次のページ…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top