アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

アジアプレス設立30年記念イベント

【書籍】光市事件裁判を考える (現代人文社編集部・編/共著) 綿井健陽ほか

(本欄ではアジアプレス・メンバーの著書、共著についてご案内しておりますが、詳細・お問い合わせにつきましては出版社・発行元にしていただきますようお願いいたします)
光市事件裁判を考える
編著者:現代人文社編集部・編

定価:1785円(税込)
判型:A5
頁数:168
発行年月日:2008年1月下旬
ISBN978-4-87798-358-1

現代人文社 サイトより
裁判は、弁護活動のあり方、被害者問題などを問うものに発展している。しかし、何が争われているか正確な報道がなく混乱している。争点を整理し、この裁判の真相に迫る。
======================================
<目次>
◎座談会/光市事件裁判の論点を考える
川崎英明 関西学院大学法科大学院教授
浜田寿美男 奈良女子大学教授
守屋克彦 東北学院大学法科大学院教授
河井匡秀 弁護士(光市事件差戻審弁護団)
本田兆司 弁護士(光市事件差戻審弁護団)
村上満宏 弁護士(光市事件差戻審弁護団)
◎被告人は心の底から湧いてくる言葉を明かすべきだ
――光市母子殺害事件・差戻し控訴審を傍聴して(佐木隆三)
◎被害者・遺族も、被告人も救われる可能性
――光市を歩く(毛利甚八)
◎「公益」色あせる検察
――光市母子殺害事件と被害者の存在感の高まり(菊池 歩)
◎世の中に伝えるべき対象は「被害者・遺族」だけな

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top