アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<北朝鮮>市場最新物価情報

調査日:2018年4月19日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
14,850ウォン
(約188.1円)
8,100ウォン
(約102.6円)
5,100ウォン
(約64.6円)
2,100ウォン
(約26.6円)
1,350ウォン
(約17.1円)

調査地は咸鏡北道と平安北道の二地点。食糧価、燃料価、朝鮮ウォン相場も大きな変化は見られない。

調査日:2018年4月5日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
14,850ウォン
(約185.9円)
8,100ウォン
(約101.4円)
5,300ウォン
(約66.3円)
2,400ウォン
(約30円)
1,350ウォン
(約16.9円)

調査地は咸鏡北道の二地点と両江道の一地点。朝鮮ウォンが若干値上がり。先週と比べ燃料、食糧価格は変動ない。

調査日:2018年3月29日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
15,400ウォン
(約186.4円)
8,400ウォン
(約101.7円)
5,400ウォン
(約65.3円)
2,300ウォン
(約27.8円)
1,400ウォン
(約16.9円)

調査地は両江道の二地点。3月23日発表の中国税関統計で、2月の対中国輸出が前年同月比95%減。外貨難反映してか中国元の交換レートが1400ウォンに下落。

調査日:2018年3月23日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
14,960ウォン
(約182.6円)
8,160ウォン
(約99.6円)
5,500ウォン
(約67.1円)
2,200ウォン
(約26.8円)
1,360ウォン
(約16.6円)

調査地は咸鏡北道と両江道の二か所。ドルと中国元が国際的に下落したにもかかわらず、一週間前に比べて朝鮮ウォンが5%下落している。

調査日:2018年3月15日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
12,900ウォン
(約167円)
7,740ウォン
(約100.2円)
4,900ウォン
(約63.4円)
2,300ウォン
(約29.7円)
1,290ウォン
(約16.7円)

調査地は咸鏡北道と両江道の二か所。ドルと中国元の下落の影響で、日本円で計算した価格は下落。

調査日:2018年3月7日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
14,410ウォン
(約183.7円)
9,170ウォン
(約116.9円)
5,200ウォン
(約66.2円)
2,500ウォン
(約31.8円)
1,310ウォン
(約16.7円)

調査地は両江道の二か所。下落が続くと予想していた北朝鮮ウォンが上昇。制裁で外貨不足が進んでいるはずだがレートは安定している。燃料価格も食糧価格も大きな変動ない。今回の諸物価下落は朝鮮ウォンの上昇が主原因。

調査日:2018年2月28日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
16,080ウォン
(約202円)
9,380ウォン
(約118円)
5,340ウォン
(約67円)
2,600ウォン
(約32.5円)
1,340ウォン
(約16.8円)

調査地は両江道と咸鏡北道の茂山郡。茂山の鉄鉱山は稼働大幅低下とのこと。燃料価格が2月後半から下落しているが理由は不明。食糧価格は上昇。

調査日:2018年2月22日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
16,900ウォン
(約221円)
10,400ウォン
(約136円)
5,000ウォン
(約65.4円)
2,400ウォン
(約31.4円)
1,300ウォン
(約17円)

取材地は両江道と咸鏡北道。

調査日:2018年2月15日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
17,820ウォン
(約227円)
10,560ウォン
(約134円)
5,000ウォン
(約65円)
2,500ウォン
(約32.5円)
1,320ウォン
(約17円)

調査地は咸鏡北道。旧正月休みと金正日氏の生誕記念日重なった。朝鮮ウォンの値下がり傾向はっきりした。他、中国製の下着、冬服などが値上がり傾向だという。

調査日:2018年2月6日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
16,900ウォン
(約225円)
9,100ウォン
(約121円)
5,200ウォン
(約69円)
2,600ウォン
(約34.5円)
1,300ウォン
(約17.3円)

燃料価格が急落したが、原因については、調査者にもまだ不明。食糧価格は上昇。中国製の衣料、雑貨も上昇気味だという。
調査地は両江道の二か所と咸鏡北道の計三地点

調査日:2018年1月22日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
27,510ウォン
(約363円)
15,720ウォン
(約207.6円)
4,650ウォン
(約61.4円)
1,900ウォン
(約25.1円)
1,310ウォン
(約17.13円)

調査地は両江道。昨年末から再上昇した燃料価格は、止まることなく上がり続けている。食糧価格は若干の下落。煮炊き暖房用の薪の価格が急騰しており、中級品1立法メートル当たり120~
150中国元。当局による不法伐採取締りのためだという。

調査日:2018年1月11日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
25,700ウォン
(約343円)
12,850ウォン
(約171円)
4,800ウォン
(約64円)
2,000ウォン
(約27円)
1,285ウォン
(約17.13円)

取材地は両江道の二地点。年明けから急騰したガソリンと軽油は最高値水準が続いている。国際油価上昇の影響もあるかもしれないが、やはり高騰の原因は、経済制裁の影響により金正恩政権が供給統制をしているためと考えられる。また燃料商人が売り惜しみを始めた可能性もある。中国元の実勢交換レートは若干のウォン高。

調査日:2017年12月29日 (物価は1kg当たりの朝鮮ウォン。下段は日本円に換算した価格)

ガソリン 軽油 北朝鮮産米 トウモロコシ 中国1元
20,800ウォン
(約276.8円)
10,400ウォン
(約138.4円)
4,900ウォン
(約65.2円)
2,100ウォン
(約27.94円)
1,300ウォン
(約17.3円)

調査地は咸鏡北道のある都市と両江道の2地点。地域差は見られなかった。ガソリンが約23%、軽油は約34%の急騰。「燃料価格が上がるという噂が流れている」と調査者。注目はこれまで安定していた対中国元の実勢交換レートが5%強下落し1300ウォン台になったこと。経済制裁の影響かどうかは情報がまだ不足している。

 ■次のページ…以前の物価情報を見る >>

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top