アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

アジアプレス設立30年記念イベント

<北朝鮮内部>日本の2倍の地域も ガソリン高騰で交通混乱 物価もじわり上昇

軍用車を利用した「サービ車」。2013年3月平安南道平城市にて撮影アジアプレス

北朝鮮国内で燃料価格が急騰し、食糧などの物価も上昇傾向にあることが、北朝鮮北部に住む取材協力者の調査でわかった。特にガソリンの市場価格は、二か月間で2.5倍と高騰、人と物の輸送に支障が出始めている(カン・ジウォン)

複数の取材パートナーが、北部の両江道と咸鏡北道の二都市の市場価格を調べ、5月10日に伝えてきたところによると、ガソリンの市場価格は、二都市平均で1リットルが18000ウォン=約247円、軽油は12000ウォン=約156円だった。二か月前の3月10日に比べると約2.5倍に急騰している。

5月初めの日本国内のガソリン価格は概ね123-125円程度なのでほぼ2倍になる。

協力者の一人は、国内の状況を次のように説明する。
次のページ: 「長距離バスと『サービ車』が通常の…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top