アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<北朝鮮内部>中国元の使用を強力取り締まり 市場に監視カメラ設置し没収まで 制裁対策か(写真2枚)

(参考写真)監視カメラが設置された恵山市場の様子。腕章をしているのは商人を監督する市場管理員。 2013年8月に恵山市場にて撮影「ミンドゥルレ」(アジアプレス)

北朝鮮当局が市場での中国元使用の取り締まりを強化し始めたと、北部両江道に住む複数の取材協力者が伝えてきた。市場に監視カメラまで設置し、中国元を使用が発覚した場合は没収までしているという。(カン・ジウォン/石丸次郎)

「中国元の使用取り締まりが非常に厳しくなった。以前は、使用するなと注意するぐらいで見て見ぬふりをしていたが、今では中国元を使っているのが見つかると無条件で没収される」
北部両江道の恵山(ヘサン)市に住む取材協力者が11月7日、電話でこのように伝えてきた。

公設市場での外貨使用は元来禁じられており、取締りは以前からあったのだが、この数年は厳格に行われていなかった。商人や買い物客は市場管理員の目を避けながら中国元を使い、お釣りも中国元で支払うのが普通になっていた。
関連写真:これが外貨使用に死刑警告の布告文 それでも外貨使用止まらず 北朝鮮経済を牛耳る中国

背景には、北朝鮮ウォンの価値下落が続いて信用を失い、誰もが安全通貨の外貨を求めるようになったことにある。ただ、この2年間ほどは北朝鮮ウォンの下落は止まっていた。

市場ではどのように取締りをしているのだろうか。取材協力者は次のように説明する。

「『糾察隊』が買物客を装って市場を回り、中国元の使用を見つけ次第、買い手売り手を問わず全部没収している。今では中国元を持って市場に入るのは、『糾察隊』に金を渡すようなものだ」
※糾察隊:社会風紀の乱れを取り締まる組織。青年同盟と女性同盟、学校などから人員が選抜される。
次のページ:監視カメラが15台…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top