アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<北朝鮮内部インタビュー>住民は平昌五輪をどう思ってる? 当局は「南は敵。心許すな、警戒せよ」と住民教育

(参考写真)北朝鮮国旗を掲げてスタンドで応援する朝鮮総連系の在日朝鮮人。2016年3月に大阪で行われた女子サッカー大会(撮影アジアプレス)

北朝鮮国内では平昌(ピョンチャン)冬季五輪への関心が低調で、むしろ当局が韓国への警戒を呼び掛けていることがわかった。北部地域に住む女性に、五輪開幕前の状況と雰囲気について聞いた。(カン・ジウォン/石丸次郎)

北部地域に住むこの取材協力者によれば、北朝鮮国内でも平昌五輪については報道されており、応援団を韓国に送ることについても知っていた。しかし、周辺では平昌五輪が話題に上ることはほとんどないという。
関連写真:カメラが捉えた! これが平壌の統制の実態(9枚)

――金正恩氏は元旦の新年辞で平昌五輪は民族の慶事だと述べました。また女子アイスホッケーでは統一チームも作る。「民族五輪」として期待する空気はないのですか?

「新年辞は学習をさせられています。党員たちはすべて丸暗記しなければならない。しかし、その会議には保安員(警察)が講演に来て、『対話はするが、敵どもの悪だくみに騙されるな』と警戒を訴えます。南朝鮮と合同ですることについてはあまり知らされていません」

――当局は五輪を住民にどのように説明していますか?

「中央党から言ってきているのは、南朝鮮と米国の奴らは五輪をやると言いながら戦争準備をしている。心を許してはならない。資本主義に対する幻想を持ってはならず、非社会主義との闘争を強化しなければならない、そんなことを会議の度に強調しています」

――平昌五輪には関心も期待も薄い?

「自分の息子・娘が選手や応援団で南に行くならともかく、一般の人々は五輪に関心ないですね。市場に出て来ている人たちは五輪について、『昔のように支援米でも送ってくれたらいいのに』なんて言っている程度」

――開会式前日の2月8日に軍事パレード(閲兵式)やるといわれているが。

「閲兵式についてはあまり知らされておらず、よくわからない」

※アジアプレスでは中国の携帯電話を北朝鮮国内に搬入して連絡を取り合っている。

【合わせて読みたい記事】
<北朝鮮写真報告>哀れな女性兵士たちの素顔 (3) 「生理なくなる女の子が大半」と証言 栄養失調の蔓延で
<北朝鮮内部>ガソリン急騰し最高値記録 軍隊が木炭車と牛車で物資運搬 制裁影響じわり(写真3枚)
<北朝鮮内部>40代女性に聞く核開発と金一族へのホンネ 「もう騙される人はいませんよ」

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top