アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

韓国芸術団の平壌公演 秘密警察が観客の人選・歓声まで徹底統制 そのからくりとは?

4月3日の韓国芸術団公演に動員された北朝鮮の人々(わが民族同士HPより引用)

韓国芸術団の平壌公演を観覧した金正恩氏が歌手たちと記念写真を撮るなど、その歓待ぶりが韓国でも大きく報じられた。だが実際のコンサートは、北朝鮮で最高の統制・警備と演出が厳重に施されたもので、観客が感じたままに南側の歌に反応することはありえない、と平壌で長く暮らした脱北者キム・クッチョルさんは言う。4月27日の首脳会談を前に、南北当局双方が大々的に和解ムードを演出した今回のイベントについて、キムさんの寄稿を紹介したい。(整理 石丸次郎)

◆金正恩はウソをついた

「わが人民が南側の大衆芸術への理解を深め、心から歓呼している姿を見て、感動を禁じ得なかった」

金正恩は、4月1日に東平壌大劇場で、韓国の芸術団の公演を観覧した後、こう述べたと労働新聞が報じた。

金正恩のこの言葉はウソである。まるで北朝鮮の民衆が、韓国の大衆芸術を見て自由に思いのまま反応したという発言だが、平壌で長く暮らした経験を持つ者として、これはまったくの虚偽でお話にならないということを申し上げたい。

韓国メディアが放送した南側芸術団の公演映像を見ると、北朝鮮の観客が拍手をしたり、立ち上がって歓声を送る場面が映っている。だが、これは決して観客の自由な意思表現ではない。なぜなら、この公演は金正恩が参席した「一号行事」だからだ。「一号行事」とは最高執権者が参加する行事のことを言い、北朝鮮で最高の統制・警備と演出が厳重に施される。

「一号行事」参加経験者として申し上げると、「一号行事」に参加するすべての人間は、自分の判断で勝手に席から立ち上がったり拍手することは一切禁止される。会議や芸術公演など、イベントの性格によって多少の違いはあるだろうが、参加者は事前に秘密警察である国家保衛省の「行事処」要員による行動要領の指示を受ける。行事において誰がどのように行動するか、すべて事前に決められる。

拍手をしたり、立ち上がって歓声を送るタイミングなども指示されるのだ。そして、保衛要員たちがそれを監視する。まして公演にはテレビカメラが入っていたわけで、観覧した人々は、後に批判を受けないよう細心の注意を払ってコンサートを見ていたはずだ。
次のページ:参加者は徹底して選抜…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top