アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<特選アーカイブ>イスラム国(IS)の「首都」シリア・ラッカ内部 地下活動家に聞く(4) 「ヤツを焼いたとIS戦闘員は言った」(写真6枚)

◆ヨルダン人パイロット焼殺を1月8日に発信の地下活動家に聞く

2015年1月、武装組織イスラム国(IS)は、後藤健二さんを解放する代わりに、ヨルダンに収監中のイラク人女性死刑囚サジダ・アル・リシャウィの 釈放をヨルダン政府に求めた。だが後藤さんは殺害され、さらにヨルダン軍パイロットのモアズ・カサスベ中尉の焼殺映像が2月3日に公開される展開となった。だが、メディアグループ「ラッカは静かに虐殺される」の地下活動家、イブラヒム・アルラッカウィ氏は、IS戦闘員がパイロットを焼殺した話をしているのを耳にし、1月 8日にすでにその情報をツイッター上にアップしていた。2015年2月に電話でラッカに直接インタビューした記事を特選アーカイブとして掲載する。4回目。【聞き手:玉本英子】(全5回)

(※2015年初出のアーカイブ記事。情報等は当時のまま)

ISは、ヨルダン空軍パイロット、カサスベ中尉を空爆現場に連れて行き焼殺、映像を公開した。「空爆で市民を殺害する十字軍同盟国への当然の仕打ち」と処刑を正当化した。(IS映像)

ISは、ヨルダン空軍パイロット、カサスベ中尉を空爆現場に連れて行き焼殺、映像を公開した。「空爆で市民を殺害する十字軍同盟国への当然の仕打ち」と処刑を正当化した。(IS映像)

<「俺たちはヤツを焼いた」とIS戦闘員は言った>

◆ラッカ市内で日本人人質の情報や噂はなかったということですが、ヨルダン人パイロット(モアズ・カサスベ中尉)についてはどうですか?アラブメディアによるとあなたが世界で最初に、パイロットの焼殺を報じたということですが、どうやってその情報を得たのでしょうか?

アルラッカウィ氏: 安全上の理由から、ラッカのどこで聞いたのかは言うことができませんが、ISの戦闘員が笑いながら私の所にやって来て、「俺たちはヤツを焼いたぜ」と言う のです。嬉しそうでした。他の2人の戦闘員がやってきて「誰を焼いたんだよ?」と彼に聞きました。すると「ヨルダン人のパイロットを生きたまま焼き殺した のさ」、「処刑の時、その場所にいてこの目で見た」と言うのです。

私はこの話を聞いた時、何のことかよくわからず混乱しました。その2人の戦闘員も「嘘だろ」と言ってその話を信じませんでした。でも彼は、「本当に 自分はそこにいた、何百万回でも誓う」と言うのです。私は、イスラムでは人を焼き殺すことはしないので、彼らがウソを言っているのではないかと思いまし た。いくらISでもそんなことはしないだろうと思ったのです。ですからその時の自分のツイッターでは、「ISがヨルダン人パイロットを処刑したと言ってい る」と書くだけに留めました。もし彼らが認めたら、事実だろうし、認めなかったら確認できない話ということにしました。
次のページ:処刑の話を聞いたのはいつなのか…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top