アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

〔シリア難民〕ドイツへの決死の脱出(7)ドイツでの生活を始める(アーカイブ)写真2枚

シリア難民で元アラブ紙特派員のフェルハッド・ヘンミ記者(31)は家族とともにシリア・コバニから脱出、ヨーロッパを縦断し、親戚 のいるドイツにたどり着いた。そこで難民申請し、施設に収容され審査ののち、アパートを割り当てられ新たな生活が始まった。今の暮らしについて、電話でのインタビュー記事を、今回アーカイブとして掲載する。聞き手:玉本英子】
(※2015年初出のアーカイブ記事。情報等は当時のまま)

◆「幼い娘たちの明日の命の心配をしなくてよくなったことに感謝」
施設で審査を終え、私たちは、行政当局からアパートを割り当てられました。難民専用住宅ではなく、一般のアパートです。2部屋で小さな台所があり、 いつもシリア料理をつくっています。遠くでなければ自由に外出できます。今、仕事を持っていないので、スーパーマーケットに行くぐらいです。

行政からは、2週間ごとに200ユーロ(約2万5000円)を受け取っています。妻と幼い娘2人で、なんとか食べていけます。何よりも砲弾が飛んでくることはないのです。明日の命を心配しなくていい。私たちを助けてくれた人びとや政府、行政機関には心から感謝しています。

シリア・コバニから脱出したフェルハッドさん一家。ドイツ西部にたどり着き、収容、審査を経て、アパートを割り当てられ新たな生活が始まった。写真はフェルハッドさんの妻と娘たち。(フェルハッドさん撮影:2015年9月)

シリア・コバニから脱出したフェルハッドさん一家。ドイツ西部にたどり着き、収容、審査を経て、アパートを割り当てられ新たな生活が始まった。写真はフェルハッドさんの妻と娘たち。(フェルハッドさん撮影:2015年9月)

 

私は英語が話せるので、近所のドイツ人たちとは英語でコミュニケーションをとります。かれらは親切で今のところ差別などは感じません。とくに私の子どもた ちには優しくしてくれ、おもちゃなどを頂いたりしました。食事に呼んでもらったりもしました。私たちは、ドイツ料理は初めてなので戸惑いますが、感謝の気 持ちでいっぱいになります。ただ、難民の多くは、ドイツ語はもちろんのこと、英語もできないので、地元の人たちと頻繁に付きあうことはないようです。文化 や習慣も違うのでストレスを感じている人もいると聞きます。

この地区にはシリア人以外の難民もたくさんいます。アフリカからではナイジェリア人が多い。ほかにはアルバニア人もたくさんいます。ISの暴力の被 害者としては、シリア人のほかに、イラク人もいます。彼らも私たちと同じように住むところを失い、逃げてきた人たちです。私はイラク人にも同情をおぼえま す。

「欧州にたどりついた難民の中にISのメンバーがまぎれこんでいる」という報道があります。残念ながら事実だと思います。私は、顔つきや外見などを 見れば、怪しい人物かどうかというのが大体わかります。前に「シリアからの難民だ」と言って行動していた男と話をしたことがあります。彼はモロッコ人で、 話ぶりからISの関係者だったと感じました。

このことは私たちにとって大きな問題です。私たち家族はドイツで難民として受け入れてもらい、幼い娘たちの命をつなぐことができました。なのに、私 たちにとっての「敵」であるISも、この難民受け入れ制度を悪用して、どさくさまぎれにドイツに入り込もうとしているのです。実際に不審人物を発見するた めに、難民たち自身がグループを作って動いています。私も参加しようと思ったほどです。非常に怒りを感じています。

一握りの悪人のために、多くの難民の子どもたちが締め出されるようなことはあってほしくないと思います。(つづく)
次のページへ …

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top