アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<シリア>ダマスカス・東ゴータ 政府軍の攻撃と包囲の中で(4)シェルターに避難する女性たちの日常(写真7枚)

ダマスカス・東ゴータでは政府軍による包囲が続き、住民は食料の確保に苦労している。小麦粉を入手することができると、ストーブでホブス(薄いパン)を焼く。(東ゴータ・2月・アブドゥル氏撮影)

◆食料が途絶えつつあるなか過酷な生活

ダマスカスの反体制派エリア・東ゴータではシリア政府軍などによる激しい攻撃が続く。2月下旬には国連安保理がシリアに停戦を求める決議を採択。だが現在も砲撃は止まず、死傷者があいついでいる。現地で取材活動を続ける地元フォトジャーナリストのアブドゥル・アルバセッド氏(28)の居住するサクバ地区も厳しい状況に置かれている。シェルターでの避難生活について、妻バヤン・アル・アハマドさん(20)と3月3日、ネット回線を通じて話を聞くことができた。(玉本英子・アジアプレス)

東ゴータのシェルターに避難する地元記者のアブドゥル氏、妻バヤンさんと7か月の息子(2月23日撮影)

バヤン・アル・アハマド(20):私たちは地下シェルターに滞在して2か月以上になります。女性たちは、一日のほとんどをシェルターで過ごします。料理をつくったり、子どもの面倒をみたりする以外、何もすることがありません。ずっと座っているだけなのです。ドーンとかヒューンとか、ずっと砲弾の音が聞こえます。もし少しでも音が止んだら、上にあがって手洗いや、洗い物に行きます。ほんの一瞬でも外に出て、新鮮な空気を吸うようにしています。

地下シェルターには食事をつくったり、ストーブの燃料にするために木の枝や、材木片などが集められている。(2月23日・東ゴータ・アブドゥル氏撮影)

東ゴータでは食料が途絶えつつあり、住民は苦しんでいます。毎日、夫は朝から外に出て子どものミルクや食べ物を探しています。

一日に1回か2回、少しの油でいためて炊いた米に、塩をふりかけて食べています。ここでは米は1キロ17ドル(約1800円)もします。ダマスカス中心部では1キロ1ドルなのに。でも他に食べ物が手に入らないので、高くても米を食べるしかないのです。運よく野菜が手に入ったときはスープをつくり、小麦粉が手に入ったときは、ストーブで薄いパンを焼きます。

次のページ:シリアの今後について、希望なんて持てません…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top