時速600キロを超えて世界最高速度更新という話題ばかりが先行するリニア新幹線。その安全性や環境への影響などを考える「リニア市民ネット・大阪」主催の学習会が4月25日、大阪市港区の弁天町生涯学習センターで行われた。ジャーナリストの樫田秀樹さんが、リニア実験線周辺で起きている水枯れや残土などの問題を報告した...
            
            
張成沢粛清・処刑を、北朝鮮の一般民衆はどのように受け取ったのだろうか。取材パートナーたちや中国に出国してきた北朝鮮ビジネスマンに訊いた。口は重かったが、大半の人が粛清に批判的、あるいは張成沢に同情的であったことは少し意外であった。いくつか紹介したい。一番多かったのは「叔父殺し」に対する道徳的な非難であった...
107人が亡くなり、562人もの負傷者を出したJR福知山線脱線事故から4 月25日で10年が経った。事故現場となった兵庫県尼崎市のマンションには朝早くから犠牲者を悼む人々が献花に訪れた。JR西日本の経営陣の責任が問われないまま事故が風化していく中、遺族らは11年目に向けての一歩を踏み出した...
2013年12月、張成沢が粛清された直後から、アジアプレスの北朝鮮国内の取材パートナーたちからは続々と関連情報が寄せられた。粛清事件は本人の処刑で終了したわけではなかった。側近、系列とみなされた人たち、親類縁者などに対する追加の調査や、処刑、連行、追放などの連座処罰が長期に渡って続いていたのである。現在に至るも余波に揺れる張成沢粛清事件。北朝鮮社会はどんな空気に包まれていたのか?(取材 ミンドルゥレ 整理 石丸次郎=リムジンガン編集部)
今年も「千人塚慰霊法要協賛会」から一通の案内状が届いた。大阪市旭区の城北(しろきた)公園北側の淀川河川敷で毎年営まれている「千人塚慰霊法要」である。戦後70年目の今年の法要が最後になるかもしれないという...
朝鮮の聖山・白頭山に観光シーズンが到来した。北朝鮮の両江道と中国吉林省にまたがってそびえる白頭山は標高2,744mの火山。カルデラ湖の天池にはまだ薄氷が残る。天池の向う側が北朝鮮。白頭山付近は降雨不足が続いており、農業への影響が心配されている。
北朝鮮で粛清の嵐が止まらない。5月13日に韓国国情院が公開した人民武力部長の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)の処刑情報は世界を驚かせた。だが、金正恩氏による高官粛清が本格化するのは、言うまでもなく2013年12月の張成沢氏の処刑からであった。張氏が殺された時、当局はどう動いたのか?
これまで原発に関わる様々な問題について、このコーナーで詳しい解説をしてくださった京都大学原子炉実験所の小出裕章さんが、この春現職を退官された。そこで今回は、これからの日本の原子力研究のあり方、特に若い研究者の育成について、小出さんに語ってもらった。(ラジオフォーラム)
春の農繁期を迎え、北朝鮮では各種作物の種まきが進行中だが、咸鏡北道、両江道などの北部地域では雨不足が深刻な上、強風によって支障が出ていると、北朝鮮内部の取材協力者が18日伝えてきた...
大阪市を廃止して五つの特別区に分割する、いわゆる「大阪都構想」。賛否の住民投票は17日に行われる。都市計画、公共政策が専門の藤井聡京都大学大学院教授に「都構想の危険性」について話を聞いた...
2015年4月、高浜原発3、4号機に関して福井地方裁判所が再稼働差し止めの仮処分を認めた。この3、4号機は、危険なMOX燃料で原発を稼働させるというプルサーマル計画のための原子炉だった。プルサーマル計画に関して、京都大学原子炉実験所OBの小出裕章さんに聞いた...
大阪市を廃止して五つの特別区にする「特別区設置協定書」、いわゆる「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が17日に迫る中、大阪維新の会代表でもある橋下徹大阪市長は10日、街頭での演説で、「都になるのは一つのルール」だと「虚偽」と批判されかねない発言をしていた。また大阪維新の会の配布物にも、大阪市廃止で大阪都になるかのような事実でない記述があった。大阪市大都市局は「都になるものではない」としている。演説現場で取材した。(鈴木祐太)
大阪市を廃止して五つの特別区に分割する、いわゆる「大阪都構想」をめぐる住民投票が今月17日に迫っている。賛成が一票でも上回れば、投票率に関係なく政令指定都市・大阪市が消滅することになる。医者が治療法のリスクを患者に説明するように、「大阪市解体」のリスクを住民に説明したい、そう考える学者たちによる説明会が5日大阪市内で開かれた...
◆危険地帯取材はどこまで可能か。基準は何か。
イスラム国による日本人人質事件の渦中の今年1月と2月、外務省が退避勧告地域としたシリアに朝日新聞記者が入国して取材した。石丸氏は、これを記事にした読売新聞と産経新聞に対して、「外務省が行かない方がいいという所に他メディアが入ったことを、わざわざ記事にするというのは、いったいどういう了見なのか。メディアが自分の首を絞める行為だ」と語った。
IS戦闘員は、軍隊どうしの交戦だけでなく、異教徒などの住民殺戮や処刑に手を下すことになる。だが地元と何の縁もない外国人こそが、もっとも過激で残虐なことを平気ですると住民は口を揃える...
「自分探し、自分試し」や「死に場所を求めて」という理由でシリアでの戦闘にやってこられた地元住民はたまったものではない。ISは「神の意思」という名目で一般市民であっても容赦なく処刑することを求め、戦死すれば天国に行けると戦闘員は消耗品扱いされる...
シリア内戦には世界各国から戦闘員が「義勇兵」として参加している。とりわけ数が多いのが武装組織イスラム国(IS)で、1万5千人以上が外国人とされる。アジアからはインドネシアやマレーシアなどの東南アジア、カザフスタンなどの中央アジア、そしてウイグルを含む中国などだ....
「イスラム国(IS)」が後藤健二氏と湯川遥菜氏を殺害した事件をきっかけに、取材であっても退避勧告地域へは行くべきでないという世論が高まっている。危険地帯の取材の意義とあり方について考えるシンポジウム「戦争と報道-なぜ危険地域を取材するのか」が4月12日、約130人が参加して大阪で開かれた...
大阪市を廃止して五つの特別区に分割する、いわゆる「大阪都構想」をめぐる住民投票が今月17日に迫っている。賛成が一票でも上回れば、投票率に関係なく政令指定都市・大阪市が消滅することになる。究極の判断を委ねられるのは大阪市の有権者約211万人...
大阪市を解体し、5つの特別区に再偏する、いわゆる「都構想」の実態を考えてほしいと、元大阪市長の平松邦夫さんがブックレット「どうなる大阪~『都』になれない都構想」を出版した...
国は2013年から3回にわたって段階的に生活保護基準を引き下げてきた。その結果、受給額を引き下げられた人々が、全国各地で取り消しを求める裁判を起こしている。大阪でも51人の受給者が立ち上がり、「生活保護基準引き下げ違憲訴訟」に加わった...
震災から4年が過ぎた今も多くの課題に直面している福島第一原発。目下、最重要な取り組みとは何か、京都大学原子炉実験所OBの小出裕章さんに聞いた...
昨年10月に平壌で党幹部10数名が銃殺刑された際に、対空機関銃が使用された可能性が高いと、米国の民間団体「北朝鮮人権委員会」が処刑があったとされる日の衛星写真を分析して、29日発表した...
◆「ISは必ず破綻する」
武装組織「イスラム国」(IS)戦闘員だったアリ・ハラフ(26)は、クルド部隊ペシュメルガとの戦闘中に拘束され、収監された。質問に淡々と答えていた彼だったが、家族の話になると言葉を詰まらせた...
◆「逃げられるものなら逃げたかった」
武装組織「イスラム国」(IS)の司令官(アミール)をいとこに持つアリ・ハラフ(26)は、イラク北部モスルの出身。イラク政府の治安部隊に何度も拷問を受け、その恨みから自分もISの戦闘員になることを決意した。ジハード(聖戦)を信じた彼だったが、いざ前線へ入ると恐怖で体を震えたと言う...
◆「給料2万円、モスルのIS戦闘員の8割は地元採用だ」
イラク・シリアで勢力を拡大する武装組織「イスラム国」(IS)。日本人人質事件以降、日本のメディアはISを大きく伝えるようになったが、組織の実態は見えてこない。イラク・クルディスタン地域治安当局との長期にわたる交渉を経て、イラクで拘束されたIS戦闘員に4月中旬、インタビューした...
◇ 大阪市解体か存続か 運命は来月17日に
  大阪市を解体し五つの特別区に再編する、いわゆる「大阪都構想」の住民投票が5月17日に投開票される(4月27日告示)。大阪市が始めた住民説明会には行列ができる一方で、橋下徹市長の進め方に「誘導」などの批判もあがる。市民の一人として説明会に参加した...
イラク軍はアメリカ製、ロシア製のドローンを複数運用しているほか、クルディスタン地域のペシュメルガ部隊はイスラエルからもドローンを供与されている。実戦で活用されるドローンだが、攻撃型ドロ-ンはゲーム感覚で遠隔操作による殺人が出来るうえ、民間人への誤爆事件も起きており....
イラクやシリアの戦闘現場では、武装組織イスラム国(IS)が小型民生用ドローンを活用、一方でイラク政府軍や米軍は攻撃型ドローンを対IS戦掃討作戦に投入している....
     +More
特集ピックアップ
特集ピックアップ
湯川さん・後藤さん殺害事件 追悼と論考
日本人拉致と在留日本人妻
北朝鮮内部からの通信-リムジンガン
原発問題
戦場取材とメディア
戦争の現場から
橋下徹
北朝鮮人が撮る
涙で描いた祖国
ネパール 女性ゲリラたちの肖像
VJ ルポ
リ・ハナの一歩一歩
石丸次郎 北朝鮮を読む
イランを好きですか
玉本英子 現場日誌
ねんど
坂本 卓
カトマンズ ジャーナル
特集 東ティモール
メディアとジャーナリズム
(対談)滅びへの道
朝鮮高校授業料無償化問題
新聞うずみ火
連載記事
ご案内
アジアプレスちゃんねる
映画『隣る人』
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマーク Buzzurlに登録する Google Bookmarksに登録する ニフティクリップに登録する newsingに登録する
Facebook
Twitter

APN会員募集中
(葉書12枚セット)北朝鮮民衆の暮らし