アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<シリア>現地記者に聞く~イスラム国(IS)との戦闘続くラッカ前線で (2)IS外国人戦闘員証言(写真4枚+地図)

◆爆弾製造に携わったチュニジア人
武装組織「イスラム国」(IS)が重要拠点にしてきたシリア・ラッカ。現在、クルド人とアラブ人の混合部隊であるシリア民主軍(SDF)が米軍の支援を受けながら、ISと激しい戦闘を繰り広げている。ラッカの最前線で取材を続けるクルド人記者ハイサム・ムスリム氏(30)は、SDFが拘束したIS戦闘員のインタビュー取材を行なった。8月下旬電話で話を聞いた。(聞き手・玉本英子・アジアプレス)

2017年7月末時点でのシリア各地の勢力図。イスラム国(IS)最大拠点のひとつ、ラッカではクルド・人民防衛隊(YPG)主導のシリア民主軍(SDF)が町全体を包囲。ISは支配地区の半分近くを失った。(地図・ASIAPRESS)

【ハイサム記者】
ラッカではISに外国人戦闘員が多数います。現在ラッカはSDFに完全包囲されているため、町に残ったIS戦闘員は逃れることはできません。彼らは死を覚悟し戦っていると思われますが、一部に避難民に交じって脱出をはかる者もいます。

IS戦闘員のインタビュー取材は刑務所とは別の場所でおこなわれた。(8月上旬ラッカ郊外にてハイサム・ムスリム撮影)

今回、私が取材したのはチュニジア人で爆弾製造に関わっていた30代の戦闘員、アブ・クタイバ・アル・チュニジです。避難民と一緒にいた時、彼はひげも短く、ジーンズ姿で見た目はシリア人のようでしたが、個別尋問によって外国人だとわかり拘束されました。現在ラッカ郊外の刑務所にいますが、別場所に移動してのインタビューが許されました。

チュニジアでは医師だったということですが、ISの考えに共鳴した彼は、4年前にIS支配地域への移住を決めたということです。ラッカでの生活は恵まれていたようで、家なども与えられ、地元のシリア人女性と結婚し、子どももできたそうです。その後離婚し、再び別のシリア人女性と結婚したとのことでした。

シリア民主軍(SDF)の戦闘員たち。ラッカ市内の最前線でISと対峙する。(8月上旬ラッカ市内でハイサム・ムスリム撮影)

シリア民主軍(SDF)の戦闘員たち。これまでにラッカ市内の約6割を制圧したという。(8月上旬ラッカ市内でハイサム・ムスリム撮影)

次のページ:爆弾の炸薬を調合する小さな製造施設で指導官をしていた…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top