アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

【書籍】日本語訳 国連北朝鮮人権報告書 (CD-ROM付き)

<北朝鮮内部>はげ山再生のため「隠し畑」禁止へ 金正恩氏が厳命

北朝鮮当局は2月に、荒廃した山林を復旧させるとの名目で住民たちがこれまで山に不法に耕してきた「個人畑」(隠し畑)の耕作を統制、燃料用の木を伐採し て運び出す行為を全面禁止した。この措置によって食糧確保の手段を奪われることになる住民たちからが、暮らしの不安を訴えていると北朝鮮国内の取材協力者 が伝えた。(取材:ぺク・ヒャン 整理:ぺク・チャンリョン)

荒廃した北朝鮮の山1 偶像化のためのスローガンが立ち並ぶ建物の後ろに、山頂まで耕されたはげ山が見える。両江道恵山(ヘサン)市。2014年5月中旬、朝中国境地域の中国側から撮影。

荒廃した北朝鮮の山1 偶像化のためのスローガンが立ち並ぶ建物の後ろに、山頂まで耕されたはげ山が見える。両江道恵山(ヘサン)市。2014年5月中旬、朝中国境地域の中国側から撮影。

 

去る2月中旬、北朝鮮北部に住むアジアプレスの取材協力者ぺク・ヒャン氏は、
「今年から山中にある『個人畑』での農作業を禁止すると党が公布した。人民班と国家機関、企業所に対し組織的に指示が下されている。今年から全ての『個人畑』に苗木を植樹するためだ。これを妨害する場合には、法によって処罰するということだ」
と、内部事情を伝えてきた。

ペク・ヒャン氏によると、指示を出したのは郡の党委員会とのこと。一般住民への告知は、毎週月曜日ごとに開かれる人民班長会議を通じて行われた。この措置に住民は強い不安にかられているとして、ペク・ヒャン氏は次のように伝える。
「『個人畑』からの収穫を頼って、毎日なんとか生きてきた人たちは、今後農作業ができなくなるので、どうやって生きていったらいいのか分からないでいる」

※人民班=行政の末端組織、隣組のようなもの。

【書籍】日本語訳 国連北朝鮮人権報告書 (CD-ROM付き)
Return Top