アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<特選アーカイブ>アフガニスタン~「ザルミーナ」公開処刑された女性を追って(4)写真6枚【玉本英子】

1987年に設立されたアジアプレスは今年で30周年。7月22日~29日まで東京にて記念イベントが行なわれます。その一環でアフガニスタン・ドキュメンタリー映画「ザルミーナ」(2004・監督:玉本英子)が上映されます。それにあわせ、過去に取材・発表した記事を特選アーカイブとして掲載します。(記念イベントにつきましてはこちらをご覧ください

(※2003年初出のアーカイブ記事。情報等は当時のまま)

タリバン時代の裁判システム

地方裁判所での一般的な裁判の様子。被告、検察、弁護士の言い分をきいて裁判官が判決を読み上げる。地方では、村落の「寄り合い」が実質の裁判機能を果たすこともある。タリバン時代、裁判ではイスラム法の概念がより強く意識された。(2002年3月撮影:玉本英子)

恐怖政治で思いのままに人びとを殺した、というイメージのつきまとうタリバンだが、タリバン政権時代も制度的には3審制(地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所による審理)が存在し、いわゆる通常の裁判が行なわれていた。

特殊だったのは、一般裁判所とは別にタリバン直属といわれる軍事裁判所、宗教裁判所があったことだ。そこではタリバンが独自に解釈したシャリア(イスラム法)による、ムチ打ち刑や手足切断などの刑がくだされていた。

ザルミーナの裁判記録を探すため、軍事裁判所を訪ねた。建物内は夜逃げの後のようにがらんとしていて何も残ってはいなかった。床には資料の山が散乱し、タリバン敗走時のあわただしさをうかがわせる。

次のページ:タリバン最高指導者オマル氏のサインのはいったタリバン兵への通達書を見つける…


金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top