アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

【書籍】日本語訳 国連北朝鮮人権報告書 (CD-ROM付き)

戦争の足音

Tagged
海底ケーブル布設船、千代田丸の母港だった長崎港。撮影 吉田敏浩
705

戦争の足音 第37回 安倍政権の「戦争法案」を考える(13) 日本社会を戦後から「新たな戦前」へと転換させないために...

◆軍事的な危険を伴う業務命令を退けた「千代田丸事件最高裁判決」 会社の業務命令を拒否するのは簡単なことではありません。しかし、そもそも憲法9条のもと戦争をしない国と...
那覇空港。仮に「戦争法案」が成立がすれば、日本の民間空港が軍事利用されるおそれが高まる。 撮影吉田敏浩
562

戦争の足音 第36回 安倍政権の「戦争法案」を考える(12) 戦争協力の業務命令は拒否できる 吉田敏浩

◆軍事輸送の協力を求められても応じない 安倍政権が衆議院で「戦争法案」を強行採決しました。決して許せない行為です。このまま法案が成立すれば、日本という国が平和よりも軍事...
那覇空港。仮に「戦争法案」が成立がすれば、日本の民間航空が軍事利用されるおそれが高まる。撮影 吉田敏浩
534

戦争の足音 第35回 安倍政権の「戦争法案」を考える(11) 軍事優先の「戦争のできる国」づくりに反対する労働者たち...

◆「戦争法案」に抗議し反対する労働組合 仮に「戦争法案」が成立すれば、民間企業や自治体などの労働者が自衛隊支援・米軍支援の戦争協力を迫られるおそれが高まります。 こうし...
インド洋に派遣されて洋上給油をしてきた海上自衛隊の補給艦「ときわ」。海上自衛隊横須賀基地に停泊中。撮影 吉田敏浩
557

戦争の足音 第34回 安倍政権の「戦争法案」を考える(10) 民間人の事実上の動員体制が密かに築かれてきた 吉田敏浩

◆ 自衛隊のインド洋派遣でも装備の修理に民間人が派遣されていた 2001年~10年、テロ対策特措法(後に補給支援特措法)にもとづいて、インド洋に派遣された海上自衛隊は米...
情報開示されたイラク派遣自衛隊の車両搭載対策器材の「96式装輪装甲車取付内容」の文書
655

戦争の足音 第33回 安倍政権の「戦争法案」を考える(9) 自衛隊と米軍への戦争協力体制に組み込まれる民間人 吉田...

◆テロ対策の特殊装備の据え付けや整備にも企業の技術者を派遣 防衛省が情報公開した一連の文書によると、イラク派遣自衛隊の装備に関する民間企業の技術者派遣の業務には、テロ対...
情報開示されたイラク派遣自衛隊輸送機の「現地整備等就業状況報告書」の文書
505

戦争の足音 第32回 安倍政権の「戦争法案」を考える(8) 密かにクウェートの空軍基地まで企業の技術者を派遣 吉田敏...

◆米軍への兵站支援すなわち戦争協力の一環に組み込まれて イラク派遣自衛隊の装備の修理・整備などに、民間企業の技術者が派遣されていた問題で、情報公開法にもとづき防衛省から...
情報開示されたイラク派遣自衛隊輸送機の「現地整備等技術員等届」の文書
642

戦争の足音 第31回 安倍政権の「戦争法案」を考える(7) 密かに進んできた自衛隊支援の”戦地出張&#...

◆自衛隊の装備の修理・整備や物資の輸送に民間企業が関わる 「戦争法案」が仮に成立して、その法制度が発動された場合、海外で自衛隊や米軍の軍事活動を支援する兵站の活動に、輸...
戦没船員の碑の前の銅像。戦没船員の受難を表現している。撮影 吉田敏浩。
529

戦争の足音 第30回 安倍政権の「戦争法案」を考える(6) 戦火の海に消えていった戦没船員の歴史を無にしてはならない...

◆戦争の日々を生き延びた元徴用船員の思い 興津丸が米軍潜水艦の魚雷を受けて沈没した直後の光景を、真田良〔さなだまこと〕さんは声を絞るようにしてこう語りました。 「海に...
戦没船員の碑の前のレリーフ。戦場となったアジア・太平洋の地図を彫っている。撮影 吉田敏浩
702

戦争の足音 第29回 安倍政権の「戦争法案」を考える(5) 太平洋で撃沈された輸送船 吉田敏浩

◆輸送船は米軍の潜水艦や戦闘機の標的だった 国家総動員法によって徴用され、船員として日本軍の輸送作戦に従事した真田良〔さなだまこと〕さんは、1941年(昭和16年)12...
戦没船員の碑 撮影 吉田敏浩
618

戦争の足音 第28回 安倍政権の「戦争法案」を考える(4)「戦没船員の碑」が物語る戦争の歴史 吉田敏浩

◆ 6万人を超える戦没船員 神奈川県横須賀市、東京湾と遠く太平洋の水平線を望む観音崎。 そこには、アジア・太平洋戦争で国家総動員法によって徴用され、日本軍の輸送作戦に...
東京湾から太平洋に続く海  撮影 吉田敏浩
373

戦争の足音 第27回 安倍政権の「戦争法案」を考える(3) 「戦争では輸送こそが狙われる」と元航海士は語った ...

◆ 「戦争法案」の怪しい正体 安倍政権の「戦争法案」をめぐる国会答弁は迷走に継ぐ迷走を重ねています。 5月4日の衆議院憲法審査会で、憲法学者たちから「戦争法案」は憲法...
【書籍】日本語訳 国連北朝鮮人権報告書 (CD-ROM付き)
Return Top