アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

アジアプレス設立30年記念イベント

アジアプレス・ネットワーク 利用規約

第1条(規約)
この規約(以下、本規約)は、有限会社アジアプレス・インターナショナル(以下、「当社」)が運営、提供するウェブサイト「アジアプレス・ネットワーク」(以下、本サイト)を、利用(視聴・閲覧・コメントの送信、トラックバックの送信)するにあたっての規約とします。

第2条(規約の遵守)
利用者が本サイトにおいて現在提供されるサービスならびに将来提供されるサービスを利用する場合、本規約を遵守するものとします。

第3条 (禁止行為)
本サイトの利用に際し、以下の行為を行ってはなりません。またこれに該当する恐れのある行為を行ってはなりません。
以下の行為をおこなった場合は、これを防止、または中止するために当社は必要なる措置を行使する権利を有します。著作権侵害行為については、事実確認のうえ、法的手段をとらせていただく場合もあります。
以下の禁止行為によって、当社に損害、不利益が生じた場合は、法的手段をとるか、もしくは損害賠償を請求する場合もあります。
また、これら禁止行為によって利用者に起因する法令違反事案が発生し、司法当局から法令にもとづく命令がなされた場合は、予告なく、情報を開示する場合もあります。
(1) サイト内に掲載、表示される著作物(文章・写真・動画・音声などすべてのデータ)を無断で使用するなど著作権を侵害する行為。これにはコラージュ、改ざん、剽窃などの行為。または翻訳、翻案して使用する行為も含むものとする。
(2) 当社、ならびに第三者に不利益または損害を与える行為
(3) コンピューター・ウイルスなどの有害なプログラムを送信、使用、埋め込む行為
(4) キーの連打や過剰な情報送信、過剰な情報取得行為によりサーバーに過度な負荷をかけるような行為
(5) 公序良俗に反する行為
(6) コメント欄、トラックバックにおいて、差別的言辞を用いた誹謗中傷をする行為、ならびに当社が提供するコンテンツと関係のないリンクをはるなどの行為(その判断基準は当社にあります)
(7) 不正アクセスにより情報操作、情報取得をする行為、またはそれを試みる行為
(8) その他、当社が不適切と判断する行為

第4条(規約の変更・改定)
会員規約は当社が予告なく変更、改定できるものとします。但し、当社が規約を変更・改定した場合、すみやかにメールを通じて会員に通知するものとします。サイト上にても告知します。

第5条(免責事項)
当社はサイトの公共性を認識し、その意識を持って運営にあたることを志向しますが、サイトに掲載、表示されるすべての情報、記述は情報素材であり、本サイトに含まれる情報または内容から得た情報をもとに、サイト利用者が損害を被った場合、当社は一切責任をおいません。
外部リンクについてー 本サイトから、あるいは本サイトへリンクしている第三者のウェブサイトやそれに含まれるデータなどの内容については、当社の管理するものではありません。リンク先ウェブサイトのデータの利用・閲覧によって生じる損害については、直接的、間接的を問わず、当社は一切責任を負いません。
本サイトのサーバー契約会社の保守業務、通信回線障害、アクセス集中等によって断続的、または一時的にサイトが表示されにくい状態が発生する場合があります。
本サイトは、当社が維持、運営に必要と判断した場合、メンテナンス、保守作業、情報保護作業のためにサービスを停止する場合があります。これらは停止措置は予告なく行われる場合があります。
本サイトは、自然災害(地震、台風、暴風雨、積雪、噴火、洪水、津波、落雷などの災害)、または不可抗力(火災、機器の故障、損壊や通信回線障害、切断、あるいは暴動、戦争、革命、内乱などの事態)によって、利用者に予告なく停止する場合があります。
当社は、必要と判断した場合には、本サイト内のサ-ビス、コンテンツの一部を中止、停止できるものとします。

第6条(準拠法・裁判管轄)
本規約の内容、解釈、効力については、日本国法に準拠します。また、サービスならびに本規約に関して当社と利用者との間で紛争、訴訟事案が生じた場合、大阪地方裁判所または大阪簡易裁判所を、第一審の専属管轄裁判所とします。
会員へのサポート、対応はメールまたはFAX、電話でおこなっております。サポートについてご来訪されても対応することはできません。
(本規約は2008年3月25日から発効します)

アジアプレス・インターナショナル
アジアプレス・ネットワーク
2008年3月25日

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top