Facebook
アジアプレス事務所
大阪オフィス
〒530-0021
大阪府大阪市北区浮田
1-2-3  サヌカイトビル303
TEL/FAX (06) 6373-2444
 osaka@asiapress.org
-----------------------
東京オフィス
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町
2-2-3 NSビル202
TEL 070-3263-5097
 tokyo@asiapress.org
-----------------------
アジアプレス 出版部
  北朝鮮内部からの通信
         〜リムジンガン〜
   お問い合わせはこちらへ

   (大阪オフィス内)
〒530-0021
大阪府大阪市北区浮田
1-2-3  サヌカイトビル303
TEL/FAX (06) 6224-3226
rimjingang-jp@asiapress.org

アジアプレス TOP  > 番組案内・お知らせ > ビルマ難民ドキュメンタリー映画『OUR LIFE―僕らの難民キャンプの日々』 関西発上映【京都】

ビルマ難民ドキュメンタリー映画

『OUR LIFE―僕らの難民キャンプの日々』  (監督:直井里予)

関西初上映決定 【京都】


2011年2月11-13日に京都で開催の「グローバリゼーションとひとの移動映画祭@きょうと」にて、ビルマ(ミャンマー)難民のドキュメンタリー映画『OUR LIFE―僕らの難民キャンプの日々』の上映をいたします。タイ在住の日本人監督・直井里予がタイービルマ国境の難民キャンで2008年3月から撮影・製作を開始し、2010年8月に完成した作品です。又、前作『アンナの道~私からあなたへ・・・』と『昨日 今日 そして明日へ・・・』も同時上映します。


『第1回*グローバリゼーションとひとの移動映画祭@きょうと』
http://amenic2011.cocolog-nifty.com/blog/

日 程 ●2011年2月11日(金・祝)・12日(土)・13日(日)
会 場 
京都ひと・まち交流館第五会議室(11日・12日) 地図>>>
キャンパスプラザ京都 第四講義室(13日)  地図>>>
参加費 ※有料・入場料金別途表示

--------------------------------------------------
■上映日程

2月11日(金・祝)
【12時開場】※カッコ内の数字は上映回
『昨日、今日そして明日へ(1)』12:45~14:15
『アンナの道(1)』14:40~15:50 
※監督トーク 16:00-17:50
『タイでHIVとともに生きる~ 直井流ドキュメンタリーの作り方』+Q&A
『昨日、今日そして明日へ(2)』18:00~19:30
『アンナの道(2)』19:40~20:50
【参加費】通し・トーク付き2500円、一本のみ『アンナの道』1300円、
『昨日、今日そして明日』1000円、トークのみ 500円
--------------------------------------------------
2月13日(日)
17:00~18:30  『OUR LIFE』
19:40~20:50   トーク(対談、Q&A) 
ココラット監督+宇田有三氏(フォト・ジャーナリスト)+直井里予
【参加費】映画+トーク通し券 2500円
【単回ずつの入場券】『OUR LIFE』1300円、『トークのみ』500円
★終了後、京都駅周辺で交流会(21:30~)
--------------------------------------------------
【プレ企画*写真展】入場無料 ※運営カンパをお願いします! 

2011年1月30日~2月11日
 ひと・まち交流館1階展示コーナー 地図>>>
A: カンボジアのHIV(写真・安田菜津紀)※1月30日来廊、ギャラリートーク
B: 軍政下のビルマ(写真・宇田有三)※2月5日以降来廊予定
C: ビルマ難民の現在(写真・渋谷敦志)
--------------------------------------------------
主催:グローバリゼーションとひとの移動映画祭2011実行委員会
共催: KDMLフィルム・ソサイエティ
協賛: ドキュメンタリー・フィルム・ライブラリー
お問い合わせ・連絡先: グローバリゼーションとひとの移動映画祭事務局
(TEL 080-4235-3351 ※発信番号を通知しておかけ下さい。
または、080-3417-9354 木村) E-mail:amenic1102@yahoo.co.jp
────────────────────────────
■映画紹介
『OUR LIFE~僕らの難民キャンプの日々~』 2010年

 カレン民族のために闘うといっていた難民キャンプ生まれのダラツー(14歳)は、中学に入る直前、米兵士になりたいと言い出す。そして次第に、キャンプに押し寄せる市場経済の波に翻弄されていく。キャンプの大学で英語を教えるウィリアム先生(29歳)は、正月休みに初めてビルマ国内避難民のもとへと向かう。そこで先生が見たものとは...。「戦いはなぜ終わらないのか」─。タイ-ビルマ国境のキャンプで、子どもたちや教育現場を長期取材する。

『アンナの道~私から あなたへ... Yesterday Today Tomorrow2』 2009年
 村のHIV陽性の孤児たちの母親役でもあるアンナは、仲間や家族と支え合いながら「今、この瞬間」を生き、明日へと繋げていた。再婚10年目、突然エイズを発症し寝込むアンナ。長い病を回復したある日、思春期をむかえた娘と向き合うことになったアンナは...。前作『昨日、今日、そして明日へ』の続編。

『昨日、今日、そして明日へ... Yesterday Today Tomorrow』 2005年 前夫からHIVに感染したアンナは、ポムと出会い結婚。行商や農作業にも精を出す。様々な悩みを抱えながらも、心穏やかに日々を送る2人。小学校1年生のボーイは体調を崩し休校、両親が働く果樹園で一日を過ごす。新学期から再入学したボーイだが、半年後にエイズを発症し入院生活がはじまる。北タイ・パヤオの村にゆっくりと流れる時間─。アンナとポム、ボーイの生きざまを通して、"生の根"をじっくりと見つめていく。

直井里予
(なおい・りよ):1970年茨城県生まれ。ワシントン州立大学コミュニケーション学部修士課程修了。アジアプレス・インターナショナル所属(www.asiapress.org)。1999年からタイ在住。2001~2005年にタイ北部にてHIV陽性者のドキュメンタリー映画『Yesterday Today Tomorrow ~ 昨日 今日 そして明日へ・・・』(2005)を製作。台湾国際ドキュメンタリー映画祭2006で「審査員特別賞・アジア部門」を受賞。日本とタイの約100か所で自主上映された。続編『アンナの道~私からあなたへ・・・』(2009)は、釜山国際映画祭の助成基金を受賞。新作『OUR LIFE』は昨年10月東京で開催された「UNHCR難民映画祭2010」で初上映された。著書に『アンナの道―HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。現在、ドキュメンタリー映画第4作目『バンコク物語(仮)』を製作中。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<映画に関するお問い合わせ> 直井 E-mail:naoiriyo@gmail.com
詳細は映画公式HP http://www.riporipo.com をご覧下さい。

<映画に関するお問い合わせ>
直井 E-mail:naoiriyo@gmail.com

詳細は映画公式HP http://www.riporipo.comをご覧下さい。
20100924_naoi_eiga_s_prom.jpg