Facebook
アジアプレス事務所
大阪オフィス
〒530-0021
大阪府大阪市北区浮田
1-2-3  サヌカイトビル303
TEL/FAX (06) 6373-2444
 osaka@asiapress.org
-----------------------
東京オフィス
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町
2-2-3 NSビル202
TEL 070-3263-5097
 tokyo@asiapress.org
-----------------------
アジアプレス 出版部
  北朝鮮内部からの通信
         〜リムジンガン〜
   お問い合わせはこちらへ

   (大阪オフィス内)
〒530-0021
大阪府大阪市北区浮田
1-2-3  サヌカイトビル303
TEL/FAX (06) 6224-3226
rimjingang-jp@asiapress.org

アジアプレス TOP  > 書籍・DVD・CD-ROMなど > 【書籍】 検証・法治国家崩壊 ~砂川裁判と日米密約交渉

検証・法治国家崩壊
著者:吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司
頁数: 352ページ
出版社: 創元社
ISBN-13: 978-4-422-30053-5
発売日: 2014/7/18
判型: 四六判 188mm × 128mm
定価(税込) :1,620円


1959年12月16日、在日米軍と憲法九条をめぐって下されたひとつの最高裁判決(「砂川事件最高裁判決」)。アメリカ政府の違法な政治工作のもと出されたこの判決によって、在日米軍は事実上の治外法権を獲得し、日本国憲法もまた、その機能を停止することになった...。大宅賞作家の吉田敏浩が、機密文書を発掘した新原昭治、末浪靖司の全面協力を得て、最高裁大法廷で起きたこの「戦後最大の事件」を徹底検証する!!


 【目次】
  PART1 
  マッカーサー大使と田中最高裁長官

  PART2 
  秘密文書の発見
  ■砂川裁判干渉の秘密工作の背後にあった米軍の世界的な戦略
  ■アメリカと田中最高裁長官の深い関係、そしてアメリカが生み出した「九条解釈」

  PART3
  検証 法治国家崩壊

  付録
   核密約と「有識者」会議
   年表

    書籍購入ページ


◆吉田 敏浩(よしだ・としひろ)
1957年生まれ、大分県出身。アジアプレス所属。
『森の回廊』(NHK出版)で、96年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。近著に『密約 日米地位協定と米兵犯罪』『沖縄 日本で最も戦場に近い場所』(ともに毎日新聞社)などがある。

アジアプレス・プロフィール(吉田 敏浩)>>>
http://asiapress.org/archives/2008/09/11112137.html