独立したジャーナリズムの確立に向けて

古居みずえ (ふるい みずえ)

 

島根県出身。1988 年よりパレスチナの人びと、とくに女性や子どもたちに焦点をあて、取材活動を続けている。98年からはインドネシアのアチェ自治州、2000年にはタリバン政権下のアフガニスタンを訪れ、イスラム圏の女性たちや、アフリカの子どもたちの現状を取材。新聞、雑誌、テレビ(NHK総合・ETV特集、NHK・ BS23、テレビ朝日・ニュース・ステーション)などで発表。
ニコンサロン、コニカプラザなどで写真展開催。

2005年DAYSJAPAN審査員特別賞受賞
石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞・公共奉仕部門大賞受賞

2010年からパレスチナ・ガザの子どもたちをテーマにした映画を制作中。

【著書】

・ガーダ―女たちのパレスチナ (彩流社)
・インティファーダの女たち―パレスチナ被占領地を行く (彩流社)
・写真集「瓦礫の中の女たち」 (岩波書店)
・「戦地」に生きる人々 (共著:集英社新書)
ぼくたちは見た ― ガザ・サムニ家の子どもたち (彩流社)

【ドキュメンタリー映画】

2006年  『ガーダ −パレスチナの詩−』 を監督 公開
http://www.ghada.jp/index.html

2011年夏 「ぼくたちは見た ― ガザ・サムニ家の子どもたち ―」 (古居みずえ監督/プロデュース 野中章弘・竹藤佳世)、全国順次公開
http://whatwesaw.jp/

古居みずえ・ツイッター