日本語 English 한국어
独立したジャーナリズムの確立に向けて

ガーダ パレスチナの詩 (撮影・監督 古居みずえ)

パレスチナ女性ガーダは、ガザ地区難民キャンプで生まれ育った。ガザ地区南部はイスラムの古い慣習の残っている地域だ。そんな中で、自立心の強いガーダは伝統的な結婚式を拒否しようとし、今までのやり方にこだわる母親や友人、婚約者の母親とぶつかっていく。

結局、ガーダは結婚式をあげず、花婿のナセルとエジプトに新婚旅行に出かける。

1996年、ガーダは最初の子ガイダを出産し、女性として新しい生き方を貫いていく。しかし2000年、パレスチナでは第二次抵抗運動が始まる。親戚の男の子カラムの死を目にし、母親として気持ちを揺り動かされる。ガーダは、パレスチナ人としてのアイデンティティーに目覚める。幼い頃、祖母から聞いた故郷の話や歌がガーダの心に蘇り、1948年に追われた話を、祖母年代の女性たちから聞き始める。100歳になるハリーマは人生の終末でイスラエル軍によって家を壊され、テント暮らしになる。ガーダはハリーマから土地に根付くパレスチナ人の心意気に魅せられる。イスラエルとの国境に生きるウンム・バシームは農業や放牧を続けている。

この映画は、主人公・ガーダの23歳から35歳までの、結婚、出産、そして自ら故郷への旅を歩み始める現在までが描かれる。ガーダは、古い慣習の残るパレスチナ社会で自立を探求し、さらには、イスラエルによって土地を奪われる以前の、パレスチナの人々の暮らしを求めて聞き書きの旅を始める。自然豊かなパレスチナの風景をバックに、語り継がれてきた素朴な詩歌の数々が紹介されてゆく。

ガーダというパレスチナ女性の生き様を通して、いまだに残る古い慣習を浮かび上がらせると同時に、パレスチナの原点を新しい世代につないで行こうと決心する1人の女性の成長を描く。

【映画情報】
制作:2005年 日本
撮影・監督:古居みずえ
製作:安岡卓治/野中章弘
時間:106分
主な出演者:ガーダ・アギール(23歳-35歳)/ガーダの祖母ハディージェ(75歳)/ハリーマ・シュビーア(100歳)/ウンム・バシーム(67歳)