砂金採りに勤しむ女性。個人でやっていると場合と、法律違反だが人を何人も雇ってやっている場合があるという。また別途、買い取り業者がいるという。(2008年10月黄海南道 シム・ウィチョン撮影)

 

北朝鮮は鉱物資源の豊かな地である。金(きん)も古くから産出されてきたが、鉱山開発が本格化するのは近代になって欧米列強が入ってきてからで、日本の植民地時代になって、金鉱山開発は本格化した。平安北道の雲山(ウンサン)、昌城(チャンソン)、黄海南道の栗里(リュルリ)、などが金鉱山として有名である。

さてその金であるが、当然のことながら北朝鮮の為政者にとっても大切な外貨収入源である。金正日が後継者として登場した一九八〇年代以降、北朝鮮の国民は指導者への忠誠の証として、外貨稼ぎ労働に動員されたが、松茸採取や砂金集めがその代表的なものだった。

続きを見る...

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…