Yoi Tateiwa(ジャーナリスト)

-----------------------------------------------------------------------------------

【連載開始にあたって  編集部】
新聞、テレビなどマスメディアの凋落と衰退が伝えられる米国。経営不振で多くの新聞が廃刊となりジャーナリストが解雇の憂き目にさらされるなど、米メディアはドラスティックな構造変化の只中にある。 いったい、これから米国ジャーナリズムはどこに向かうのか。米国に一年滞在して取材した Yoi Tateiwa氏の報告を連載する。

-----------------------------------------------------------------------------------

第1節 ウィッキーリークスと調査報道(5)
◆ロウ・バーグマンとアサンジ

ロウ・バーグマン(Lowell Bergman)と耳にして直ぐにピンと来る日本人は少ないだろう。

1999年に映画化された「インサイダー(The Insider)」(※注1)でアル・パチーノが演じたジャーナリストだ。映画で描かれた当時はCBSテレビの看板報道番組「60 Minutes」のプロデューサーだった。

バーグマンは今、公共放送PBSで調査報道記者として圧倒的な存在感を示しつつ、アメリカ西海岸の名門UCバークレイ(UC Berkeley)の大学院でジャーナリズムを教えている。
そのバーグマンが毎年、主催しているジャーナリストの為のイベントがある。

Rava And David Logan Investigative Reporting Symposium(ラヴァ&デイヴィッド・ローガン調査報道シンポジウム) の様子。 テーマは「The War on WikiLeaks(ウィッキーリークスに対する戦争)」だった。 / 2011年 UCバークレーにて

Rava And David Logan Investigative Reporting Symposium(ラヴァ&デイヴィッド・ローガン調査報道シンポジウム) の様子。 テーマは「The War on WikiLeaks(ウィッキーリークスに対する戦争)」だった。 / 2011年 UCバークレーにて

続きを見る...

※注1:映画「インサイダー」ストーリー
CBSの人気報道番組『60ミニッツ』のプロデューサーの元に匿名でタバコ・メーカーの極秘ファイルが届けられた。彼はこの書類の意味を探し出し、やがてジェフリー・ワイガンドという「内部告発者」に出会う。それは、巨大な敵との壮絶な戦いの始まりでもあった。

<<<連載・第4回   記事一覧   連載・第6回>>>
連載第1回は、会員でなくてもお読みいただけます。