【クルド・ペシュメルガ】自治政府のペシュメルガは、その後、有志連合の支援を受けて、大規模に展開し、空爆支援を受けながらシンジャル市内をISから奪還した。ペシュメルガ側もヤズディ住民の志願者からなる部隊を編成し、配置した。写真は前線地域で数百メートル先のISと対峙するヤズディ教徒のペシュメルガ兵。ときおり砲弾が撃ち込まれ、一部地域では、化学物質を装填した砲弾も炸裂したと兵士たちは話した。車のボンネットにあるのは、クルディスタンの旗。(シンジャル南部:2016年3月撮影・玉本英子)

【クルド・ペシュメルガ】自治政府のペシュメルガは、その後、有志連合の支援を受けて、大規模に展開し、空爆支援を受けながらシンジャル市内をISから奪還した。ペシュメルガ側もヤズディ住民の志願者からなる部隊を編成し、配置した。写真は前線地域で数百メートル先のISと対峙するヤズディ教徒のペシュメルガ兵。ときおり砲弾が撃ち込まれ、一部地域では、化学物質を装填した砲弾も炸裂したと兵士たちは話した。車のボンネットにあるのは、クルディスタンの旗。(シンジャル南部:2016年3月撮影・玉本英子)

【シンジャル】米軍など有志連合の空軍部隊が、IS陣地に激しい爆撃を加え、拠点となっていた建物はあいついで破壊されていた。(シンジャル郊外:2016年3月撮影・玉本英子)

【シンジャル】米軍主導の有志連合の戦闘機が、IS陣地に激しい爆撃を加え、拠点となっていた建物はあいついで破壊されていた。(シンジャル郊外:2016年3月撮影・玉本英子)

 

【クルド・ペシュメルガ】IS部隊は地域から部分撤退をしたが、その際に大量の爆弾を仕掛けていった。追走するペシュメルガを爆死させる目的だ。地雷のように敷設したり、空き家に仕掛けて、ドアを 開けたとたんに爆発するように仕掛けられているという。写真はペシュメルガが取り除いたISの爆弾。爆薬が詰まったままだった。缶から起爆ケーブルが延びているのがわかる。(シンジャル郊外:2016年3月撮影・玉本英子)

【クルド・ペシュメルガ】IS部隊は地域から部分撤退をしたが、その際に大量の爆弾を仕掛けていった。追走するペシュメルガを爆死させる目的だ。地雷のように敷設したり、空き家に仕掛けて、ドアを 開けたとたんに爆発するように仕掛けられているという。写真はペシュメルガが取り除いたISの爆弾。爆薬が詰まったままだった。缶から起爆ケーブルが延びているのがわかる。(シンジャル郊外:2016年3月撮影・玉本英子)

 

<<< 第4回  │  第6回 >>>

連載記事一覧

(1)ISによる集団虐殺の悲劇
(2)ISの殺戮から逃れ、山で命絶えた住民も
(3)ISから逃れ避難民に シリア、イラクで困窮生活
(4)IS拉致被害の女性や子どもたち 苦しみ続く
(5)ISからシンジャルの一部を奪還したクルド部隊
(6)ISから奪還のシンジャル中心部 戦闘と空爆で破壊すさまじく
(7)ヤズディ住民虐殺の現場に入る~「ここで500人がISに殺された」


「関連記事」
ISの迫害にさらされるヤズディ教徒
<連載・写真特集>イラクのヤズディ教徒たち

ISに蹂躙された街シンジャルを行く