中国吉林省に潜伏中のキルス一家。潜伏生活に疲れ雰囲気は険悪だった。キルスの母親のチョン・ソンミさん(後列右)だけが北朝鮮に強制送還された後行方が分からないままだ。2001年1月に撮影石丸次郎

<【連載】北のサラムたち>記事一覧

2001年6月26日中国時間午前10時。北京の外国大使館が集中する朝陽区亮馬河地区のカフェ。

タクシーに分乗して集まった11人――7人の北朝鮮難民一家と3人の支援団体のメンバー、そしてジャーナリストの私――は、最後の行動確認を行った。

「予定どおり3班に分かれて突入します。ビルに入ったらエレベーターホールで待ち合わせです。事務所に入れなかった組は速やかに現場を離れて□□ホテルで待機すること……」

支援団体の韓国人リーダー、文国韓(ムン・クッカン) 氏が、昨晩から何度も確認したことを改めて伝える。15歳から67歳までの北朝鮮難民一家7人は、誰も口を開かず険しい表情のまま説明を聞いている。支援団体のメンバーの一人が、日本と韓国でバックアップ態勢に入っているNGOグループに携帯電話で連絡を入れた。

「……こちらは北京ですが。予定どおり今から“お店”に入ります。各方面予定どおりでお願いします」

この電話が合図となって、各班が1~2分ほど間隔をあけて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の入るビルの門に向かう。私は、一家のうちの最年長の67歳のおじいさんと17歳の女の子の班にくっついてビルの後門に向かった――。

それから数時間後。難民一家7人のUNHCR駆け込みはビッグニュースとなって世界を駆け巡った。中国、北朝鮮両政府を慌てさせ、韓国政府内に対策特別チームができ、さらにコリン・パウエル米国務長官をして「米国政府は7人の扱いに関心を持っている」とコメントさせた「北朝鮮難民北京UNHCR籠城事件」の幕は、こうして切って落とされたのだった。そしてこの事件は、その後続発する北朝鮮難民による中国内の外国公館駆け込みの引き金となる。

◆チャン・キルス一家とは

初めて起こった駆け込み事件として世界中の注目を集めたのは、チャン・キルスという名の17歳の少年とその家族だった。一家は1997年から、数人ずつで威鏡北道(ハムギョンプクド)から中国に脱出した。飢えと北朝鮮の体制への絶望がその理由である。中国に渡った後に生まれ落ちた女児を含め総勢は16人にもなる。

続きを見る…

<【連載】北のサラムたち>記事一覧

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。