独立したジャーナリズムの確立に向けて

玉本英子 (たまもと えいこ)

 

東京生まれ。デザイン事務所勤務をへて94年よりアジアプレス所属。中東地域を中心に取材。

アフガニスタンではタリバン政権下で公開銃殺刑を受けた女性を追い、04年ドキュメンタリー映画「ザルミーナ・公開処刑されたアフガニスタン女性」監督。

イラク・シリア取材では、NEWS23(TBS)、報道ステーション(テレビ朝日)、報道特集(TBS)、テレメンタリー(朝日放送)などで報告。
毎日新聞大阪、京都、兵庫版にて連載「漆黒を照らす」、ヤフーニュース(国際、個人)にて執筆。

「戦火に苦しむ女性や子どもの視点に立った一貫した姿勢」が評価され、第54回ギャラクシー賞報道活動部門優秀賞。
「ヤズディ教徒をはじめとするイラク・シリア報告」で第26回坂田記念ジャーナリズム賞特別賞。

各地で平和を伝える講演会を続ける。

共著に
『アジアのビデオジャーナリストたち』(はる書房)
「21世紀の紛争・中東編」(岩崎書店)
「現代イラクを知るための60章」(明石書店)など。
 
 
◆講演・原稿執筆などの依頼についてはアジアプレス規定をご確認ください

玉本英子の記事
https://www.asiapress.org/apn/author/sakatama/