恵山市内の廃墟と化したセメント工場跡。掲げてある「三大革命(文化、思想、技術、)万歳!」というスローガンが虚しい。(02年8月撮影石丸次郎)

 

中国から洪水のように流入する物資が、ほとんど生産不能になっている北朝鮮における闇経済を席巻しつつある。闇経済=実態としての市場経済だ。これを抑制しようとする金正日の対策はまた完全な失敗に終わった。北朝鮮恵山市竏停・。両江道の道庁所在地で人口は推定25万人だ。対岸の吉林省長白県は人口約9万人。うち約3万人が朝鮮族だ。

◆流れ込む中国製品
北朝鮮は02年7月に「経済管理改善措置」と呼ばれる新経済政策を導入した。配給制の崩壊と闇経済の蔓延に対処するため、闇市場を全国で強制的に廃止。すべてのモノの値段を再度設定して、個人の商売をあらためて禁じ、国定商店でのみ販売・購入するようにした。国家が物流をコントロールしようというもくろみだ。

生産活動が止まった状態の北朝鮮を、中国製品が席巻しているわけだ。
◆02年の経済政策――「闇」物流コントロールのもくろみ
北朝鮮は02年7月に「経済管理改善措置」と呼ばれる新経済政策を導入した。配給制の崩壊と闇経済の蔓延に対処するため、闇市場を全国で強制的に廃止。すべてのモノの値段を再度設定して、個人の商売をあらためて禁じ、国定商店でのみ販売・購入するようにした。国家が物流をコントロールしようというもくろみだ。

そのために旧闇市の実勢価格に合わせて公定価格を引き上げ、それに合わせて規定賃金も引き上げた。また各企業所に成果主義を導入させ、労働意欲の刺激策とした。言うならば、一部に競争原理を導入しつつ、国家統制経済システムの復活を目指したものだといえる。中国流の市場経済採用とは逆の方向であった。
次のページへ ...