udaphoto_080210_001.jpg
【宇田さんの写真集/ビルマ軍政下に生きる人びと(解放出版社)】
玉本英子 現場日誌
■大阪・「ビルマ最新事情」講演会のご案内
友人のフォトジャーナリスト宇田有三さんが2月16日(土)18時半から大阪市・天満橋ドーンセンターでビルマ報告会を行います。現場に行った者の声を直接聞ける貴重な機会です。関西在住の皆様、ぜひお越しください。もちろん私も行きます。
************************
2008年2月16日(土)「ビルマ最新事情」
 宇田有三さん 講演会のご案内
=====
宇田有三さんは軍事政権下の市民や、各地の先住民族を中心にビルマ、中米、オーストラリアなどで取材とドキュメンタリー写真の撮影を続けてこられました。
ビルマの過去と現在、人々の暮らし、メディアで流されなかった2007年のデモの理由と現実、日本との関わりなど、現地で長く取材を続けておられる宇田さんならではの視点で、写真とともにじっくりお話しいただきます。
また今回、年末からの現地取材を含めた最新情報もお聞かせいただける予定です。
ぜひ、お集まりください。
日 時:2008年2月16日(土)18:30~21:00
     (開場18:15)
会 場:ドーンセンター 4階第1大会議室
    (http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html)
  (京阪・地下鉄谷町線 天満橋駅1番出口から東へ 350m、またはJR東西線 大阪城北詰駅2号出入口から西へ550m)
定 員:70名
参加費:1000円
テーマ:「ビルマ最新事情」
講 師:宇田 有三さん(フォトジャーナリスト)
主 催:DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
     (http://daysjapan.jp/)
協 力:(社)アムネスティ・インターナショナル日本
    死刑廃止ネットワークセンター大阪
http://www.amnesty.or.jp/)
参加申込方法:
Email: v-kansai@daysjapan.net
Tel:090-2386-2219
  *準備の都合上、事前にお申込みいただけると助かりますが、当日参加も歓迎です。
宇田有三(うだ ゆうぞう)さんプロフィール:
1963年生まれ。フォトジャーナリスト。
平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞、日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞など受賞。写真集に『ビルマ軍事政権下に生きる人びと』(解放出版社)など。
http://www.uzo.net/
***************************************************
tama_080211.jpg
【イラクの女性たちも甘いものには目がない/2006年1月撮影】

昨日、女友達と3人でイタリアンデザートを食べる機会があった。パンナコッタやティラミスなどを食べるのは数年ぶり。思いのほか繊細な味でコクがあった。彼女たちの顔が笑顔に変わった。私はイラクのフルーツパーラーを思い出していた。
イラクで取材するようになって私はかなりの甘党になった。
イラクでは男女問わず、これでもかというほど甘いものを口にする。紅茶にも砂糖を大匙2杯は入れる。アラブ菓子のバグラバ(ナッツなどをはさんで砂糖シロップをかけたパイ)を初めて食べた時、私には甘すぎて頭が痛くなった。しかし今では好物のひとつになってしまった。羊肉を山盛り食べた後でも、食後のデザートにバグラバを注文したりする。(もちろん太る)
写真の女子大生たちが注文したのはコクテルという名のフルーツジュース(約150円)。オレンジ、バナナ、ざくろなどをミキサーにかけ、そのジュースの中に甘いシロップやナッツ、チョコソースなどを入れて果物で飾る。ジュースは少しぬるかったが、素材の味が生かされていた。
フルーツパーラーでの女子大生たちの「おいしい笑顔」は日本と全く変わらなかった。