HGKR_103s.jpg

中国脱出後、大連で撮った記念写真。
キルス(右)と伯父のデハン。
北京篭城事件の1年3ヶ月前

HGKR_033s.jpg

棺 桶
人が死ぬことが日常茶飯になりいつも棺桶が足りません。
村ごとにひとつふたつの棺桶を準備して何回も使います。
なきがらをお棺に入れて山のお墓に持って行き、埋めた後また村に持ち帰るのです。
―デハン(キルスの伯父)

HGKR_032s.jpg

何を食べよう?
「ひもじいのに食べ物がない。どうしたらいい?」
日に一食もまともに食べ物がなくて、食事時になるといつも落ち込む北朝鮮の人々の姿です。  ―デハン(キルスの伯父)

------------------------------------------

涙で描いた祖国

「涙で描いた祖国 ~ 北朝鮮難民少年チャン・キルスの手記」CD-ROM版(2001年刊)をウェブ用に再編集して掲載しています。(文中のデータ等は、2001年刊行当時のままとしています)
涙で描いた祖国-CD-ROM版は、「アジアプレス書籍販売」で購入可能です>>>書籍販売
記事一覧

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…