生きる方法は脱出のみ [その5]
(文) リ・ドンハク [キルスの伯父・ファヨンの父]

食べ物のためには銃にさらされても 「止まれ」 長い間食糧難がひどかったので、トウモロコシ泥棒は数えきれないぐらいほど多いのです。 ―ハンギル(キルスの兄)

食べ物のためには銃にさらされても
「止まれ」
長い間食糧難がひどかったので、トウモロコシ泥棒は数えきれないぐらいほど多いのです。 ―ハンギル(キルスの兄)

 

私たちが暮らしていた村から遠くない所に、「端川(タンチョン)亜鉛製錬所」があった。その企業所には、外貨を稼ぐことのできる有色金属や、その他の副産物があった。

しかし、いつの頃からか、その企業所は「貧しい人」には「生活手段」に、裕福な人には富を蓄える手段になり始めた。
その工場の労働者たちもドロボウに変わった。学校にも行かずに「生活戦線」に立った子どもたちと家庭の主婦たちも、やはり盗みをしないわけにはいかなかった。

私の子どもたちは、その工場に3年もの間、「出勤」していった。
その工場に行って、何でも品物を盗んでくるための「出勤」である。子どもたちは、自分たちの言葉でそれを「攻撃をする」と言っていた。
そこに行く子どもたちは、ひとりで来る子ども、三兄弟みんなで来る子ども、お母さんといっしょに来る子ども、ひとりで来るおばさんたち、昼間にだけ現れる連中、夜中にだけ現れる連中...とにかく大勢いるのだ。

子どもの話によれば、その工場に盗みに入る人間は百名以上いるということである。年齢も一様ではない。八歳の小さな子どもから、もう少し上の15~18歳の子どもたちも多い。20歳を超えた青年たちもいる。若い主婦もいれば、腰が曲がった老人たちまでいる。
子どもたちの服と靴は、言うまでもなくボロボロに破れていて、片方のそでがない服、全身真っ黒に汚れた服、ゴミ捨て場、汚物捨て場でも見つからないような服ばかりである。
次のページへ ...