死ぬほど殴られ
(文) チャン・キルス

銃を持つ強盗 配給がなくなり、住民たちは闇市場で中国製のものを売って生計をつないでいます。そんな住民をつけ狙って物を奪う安全部の指導員は銃を持った強盗です。 ―キルス

銃を持つ強盗
配給がなくなり、住民たちは闇市場で中国製のものを売って生計をつないでいます。そんな住民をつけ狙って物を奪う安全部の指導員は銃を持った強盗です。 ―キルス

 

ある日の夜ふけ、2時か3時だっただろうか。
ぼくは逃げ出すことを考えていた。以前ここに来た時に逃げ出した経験があったので、そっとドアを開けてみようと考えた。しかしうまくいかなかった。昼間、指導員が20歳になるチョルホという男に、ドアを見張らせていたのだ。
ぼくはドアをゆっくりと開けてチョルホに便所に行くと言った。彼は早く戻って来いと言った。廊下はとても暗かった。ぼくは壁を伝いながら便所に行った。

便所ではどれだけ探しても、逃げられる穴を見つけることはできなかった。ぼくは部屋に戻りながら、様子をうかがった。チョルホは廊下の床に軍隊の外套を着て横になり、片足をイスにかけていた。ぼくはすばやくドアの横にあったイスを動かして、抜けだせるようにした。

部屋に戻って、寝ているミング兄さんを起こした。
ぼくはミング兄さんに先に逃げろとささやいた。ミング兄さんはそっとドアを開けて、そろりそろりと歩いた。兄さんの足音が少ししたところで、ギィーという音とともにドアを開ける音がした。

「だれだ!」
その音に、チョルホが起きて走ってきた。救護所の職員はすべて起き出してきたが、ミング兄さんは逃げ出した後だった。彼らはぼくらがいる部屋に来て、懐中電灯で中を照らした。ぼくは息を殺して、ドアと反対側に横になり寝たふりをした。救護所は再び静寂につつまれた。

ぼくは、チョルホが再び寝入ったすきをついて逃げ出した。しかし救護所を抜けて、いくらも行かずにつかまってしまった。
「このガキ! お前、死にたいのか」
責任指導員は足で蹴り踏みつけ、拳で殴りつけた。あまりに強く殴られたため、ぼくは息ができなくなり、熱が出た。
長い時間、死ぬほど殴られた。

さらに棍棒で殴りはじめた。ぼくはあまりにも痛くて、泣き声があふれ出た。
「このガキめ! お前のようなやつは、死んでもいいんだ」
指導員は、気がふれたように殴り続けた。

ぼくは少しくらい殴られても痛がりはしない。けれど、あまりにひどく殴られて、両腕の皮膚が破れ血が流れ出した。
「もう一人のガキとは、どこで会おうと約束したんだ」
「約束はしていません」

彼はぼくたちが約束したはずだと殴り続けた。ぼくは血だらけになった。鼻血が噴き出し、腕と足からも血が飛び散った。
他を殴られるのは我慢できたが、棍棒で腕を殴られると、なんと痛いことか、耐えられなかった。あまりにも強く殴られて、内股はふくれあがり、腕はアメのようにねじれて
しまった。指導員はまるで狂った犬のように殴り続けた。
<<<連載・第36回   記事一覧   連載・第38回>>>