◆きらびやかな丹東、みすぼらしい新義州

筆者を含めたアジアプレス取材班は2012年3月中旬から下旬にかけて、朝中国境地帯を取材した。金正日総書記の死後100日を迎えた国境の様子を、この目で確認するためだった。

漁師たちが漁網を手入れしている。後ろに見える瓦葺きの建物は「鴨緑江閣」。新義州を訪れる北朝鮮の幹部が会議や宴会を開く所とされる。壁の塗装もはげ、周囲には雑草も生い茂っており、現在も使われているのか定かでない。2012年 3月 南正学(ナム・ジョンハク)撮影(以下全部)

漁師たちが漁網を手入れしている。後ろに見える瓦葺きの建物は「鴨緑江閣」。新義州を訪れる北朝鮮の幹部が会議や宴会を開く所とされる。壁の塗装もはげ、周囲には雑草も生い茂っており、現在も使われているのか定かでない。2012年 3月 南正学(ナム・ジョンハク)撮影(以下全部)

 

筆者が北朝鮮と中国の国境地帯を取材するのは今回が初めてだ。最近になって、北朝鮮内部に住むアジアプレスの取材協力者たちから「国境警備が大変厳しく なっている」という状況が頻繁に報告されており、否が応にも緊張が高まった。私たちが初めに向かったのは、北朝鮮の新義州(シニジュ)市と国境を挟んで向 かい合っている中国の遼寧省丹東市だった。

○一目瞭然な両国間の経済格差

中国丹東市の河岸。高層ビルと遊覧船、そしてたくさんの観覧客がひしめきあう観光地の姿だ。

中国丹東市の河岸。高層ビルと遊覧船、そしてたくさんの観覧客がひしめきあう観光地の姿だ。

途切れた「鴨緑江断橋」上から新義州市を眺める。90年代前半から止まっているという観覧車が放置されている。人通りの少ない道を小さなバスが一台通り過ぎていった。

途切れた「鴨緑江断橋」上から新義州市を眺める。90年代前半から止まっているという観覧車が放置されている。人通りの少ない道を小さなバスが一台通り過ぎていった。

 

朝鮮戦争時代に途切れた「鴨緑江断橋」から眺めた丹東市と、向かい合う北朝鮮の新義州市は、経済格差が一目瞭然だった。丹東には30階を超える高層建築 と、多種多様な車、そして河辺をのんびりと散策する観光客で賑わっていた。一方の中国側から見る新義州はというと、まるで韓国の小さな漁村のようだった。

高いビルはおろか、ほとんどの建物が古ぼけており、その周囲は雑草で覆われていた。鴨緑江べりに立つ観覧車は90年代初めから止まったままだという。出歩 いている人も少なく、ぽつぽつと見かける漁師たちが、静かに漁網を修繕しているだけだった。私たち一行は船を北朝鮮側の岸へとさらに近づけ、そのまま鴨緑 江を下っていった。
次のページ:北朝鮮兵士が住民と言葉を交わしている など2枚の写真を見る