キム:何年になるの?
兵士1:今年で八年目です。

キム:八年経ったなら、もう大分楽になってもいいはずなのに、なんでそんなに痩せてるんだい?
兵士2:ところで何か仕事はありませんか?
兵士1:何をすればいいんでしょうか?

キム:水道工事をしてもらいたいのだけど。
兵士1:何日くらいかかる仕事ですか?

キム:一日で終わるよ。時間はあるかい?
兵士2:約束できません。私たちは兵士で学生なので、小隊長同志に伺いを立ててからじゃないと。日を決めなければならないんですか?

キム:君たちの時間に合わせるよ。一日はかかるな。仕事の量が多いわけではないけど。地面を掘ればいいだけさ。
兵士1:井戸を掘るんですか? それとも水道?

キム:水道。(深さは)一・五メートルとして、長さは三メートルか四メートルくらい。掘ってもらったら、パイプを埋めたりするのは他の人にやってもらうから。
兵士2:三メートル? 二人でやれば午前中に終わりますね。土質はいい方ですか?

キム:じゃあ手伝ってくれ。まあ、一緒にタバコでも吸おうじゃないか。
兵士1:助け合って生きましょう。

キム:君らがかわいそうだから(仕事を頼むんだ)。元気出してくれよ。
兵士2:ありがとうございます。
兵士1:家におかずになるようなものはありませんか?

キム:なんで(そんなこと訊くの)?
兵士1:副食物が必要で。

キム:副食物? 塩漬けでもいいかい? 今すぐ?
兵士1:ええ。

キム:妻に準備してもらおう。なんでホミ(短いクワのような農具)なんか持ち歩
いてるんだい?
兵士1:ネンイ(ナズナ)を採るために(ホミを持って)こっそり部隊から出てきたんです。軍官同志(将校)がおかずが無いと言うので......。

キム:私が塩漬けをあげよう。そうすれネンイを採らなくてもいいだろう? 将校たちが食べる分かい?
兵士1:おかずが無いんです。

キム:将校たちも?
兵士1:人造肉(注1)などを少しずつ買って食べているのですが、それだけでは足りません。

キム:うーん、軍隊には野菜の塩漬けもないのかい?
兵士2:あるにはあるんですが......、布袋で漬けているのでカビが生えるんですよ。
次のページへ ...