北朝鮮に住む兄一家の映画を作るというのは、周囲や家族の中で様々な波風を立たせたはず。たが一方で果敢な娘を支えたのも家族だった。映画「かぞくのくに」のヤン監督との対談第10弾。 (聞き手 石丸次郎/アジアプレス)

映画「かぞくのくに」では、父役の津嘉山正種さん、母役の宮崎美子さんの熱演が話題に上っている。(映画「かぞくのくに」より)

映画「かぞくのくに」では、父役の津嘉山正種さん、母役の宮崎美子さんの熱演が話題に上っている。(映画「かぞくのくに」より)


◆家族を晒すということ

石丸:映画を撮るという営為について聞きたいんですが、北朝鮮を訪れてお兄さんの暮らしを撮ったドキュメンタリー『ディア・ピョンヤン』。その続編で、平壌生まれの姪のソナちゃんに焦点をあてた『愛しのソナ』。はっきり言ってめちゃめちゃ面白かったわけです。業界ではすごい評判になりました、でも一説にはお客さんはあんまり入らなかったとか.・・・・・・。
ヤン:はい全然。

石丸:韓国でもすごく話題になったけれど・・・・・・。
ヤン:はい、収入ゼロ!みたいな。

石丸:メディアにいっぱい紹介されましたけど・・・・・・。
ヤン:そうそう、業界受けするんですよ、いつも(笑)。

石丸:北朝鮮のことをずっと長く取材してきた人間にとって、ヤンさんの作品はありえない。我々外部の人間にはとてもじゃないけど接近できない領域です。無理、作れない。身内とはいえ、ここまで北朝鮮の人の暮らしに踏み込んだ人間は誰もいなかった。
ヤン:脱北した人じゃなくてね、今も住んでる人の名前と顔を出してますからね。

石丸:そう。つまり家族を晒さない限りこういう作品は出来ないわけです。他の人の家のことやって勝手に出したらえらいことになるわけですからね。軋轢もないはずはなかったでしょうし、すごく面白かったというお褒め言葉もあったと思う。
ヤン:北朝鮮に入国禁止にもなる。もう会えなくなりましたしね。
次のページ:両親の反応...