◆都市部の対岸で重点的に...
(中国延吉=パク・ヨンミン)
朝中国境の川・豆満江沿いでは今も、中国当局による鉄条網の増設が続いている。最上流地域への訪問に続く中流地域への現地取材で明らかになった。

先月30日、北朝鮮国境の様子を取材するために吉林省龍井市の三合鎮を訪れた記者の目を捉えたのは、設置されて程無いと見られる、川沿いに整然と張られた鉄条網だった。低木と鉄条網の間から見える豆満江の対岸は北朝鮮の会寧(フェリョン)市。人口10万を超える豆満江沿い最大の都市だ。

鉄条網が張られていたのは、北朝鮮と中国をつなぐ連絡橋から下流に車で数分の所。以前はコンクリートの杭だけ建ててあった区間も多かったが、密輸や脱北・越境(不法入国)、時には強盗などの「犯罪行為」が後を絶たないため、中国当局は、川幅が狭くなる中流から上流域にかけて、数年前から鉄条網設置を進めていた。
三合鎮付近で鉄条網設置が進められているのは、われわれも初めて確認した。このように、北朝鮮の国境都市対岸を鉄条網で封鎖する中国当局の措置は、先月初めに訪れた最上流地域の北朝鮮・茂山(ムサン)郡の対岸でも同様に見られた。

朝中国境の川・豆満江沿いでは、鉄条網の増設が続いている。写真は吉林省の龍井市三合鎮に張られた鉄条網。対岸は北朝鮮の会寧市。2012年7月30日 パク・ヨンミン撮影(アジアプレス)

道路検問のための国境警備隊の警備車両。7月30日、中国側からパク・ヨンミン撮影(アジアプレス)