シリアでの山本美香さん殺害について
8月20日午後、シリア北部の都市アレッポで取材中のジャーナリスト・山本美香さん(ジャパンプレス所属)が政府側の民兵と思われる武装集団の銃撃を受け、死亡した。
事件の詳細はまだ明らかではないが、シリア政権軍は外国人ジャーナリストを標的とする旨の指令を出しているとも言われ、また反政府勢力によるジャーナリストの殺害も報告されている。シリアで取材中のジャーナリストたちの生命は、双方の暴力によって脅かされている。
取材中のジャーナリストを狙う行為は卑劣な犯罪である。私たちはシリア政府および反政府武装組織各派に対して、以下のことを求めるものである。
(1) ジャーナリストの生命を狙うような暴力を直ちにやめること。
(2) シリア政府は政府の責任において、山本美香さん殺害事件の真相を明らかし、その責任者を厳正に処罰すること。
シリアでは政府軍と反政府武装勢力との戦闘で、多くの市民の命が奪われている。山本美香さんは暴力で無残にも傷つき、斃れた無辜の民の姿に心を痛めていた。
彼女を含む多くの生命が失われたことの重みを受けとめ、シリアでの暴力行為が止むよう、私たちは求めるものである。シリア政府、ならびに反政府勢力が一般市民を巻き込んだ暴力行為を即ちに停止し、ジャーナリストを含む非戦闘員への殺戮行為、人権侵害を止めるよう強く要望する。アジアプレス・インターナショナル

-------------------------------------------------------------
追悼 山本美香さん