◇若い金正恩氏の古臭いやり方

元教員と秘密警察要員による異色対談の第二弾。平壌再開発事業やスキー場建設は「金正恩氏の実積作り」が目的だが、そのやり方は1950年代後半の 「千里馬運動」に由来する古臭いやり方。立派なスローガンの陰で、金と物資を供出させられ、建設に動員される民衆は大変な苦労をさせられてきたという。

20階を超える高層アパートの建設現場。各階の窓枠が位置も大きさもまちまちで歪んでいるのがよくわかる。2011年8月 平壌市大同江区域にて ク・グァンホ撮影

20階を超える高層アパートの建設現場。各階の窓枠が位置も大きさもまちまちで歪んでいるのがよくわかる。2011年8月 平壌市大同江区域にて ク・グァンホ撮影

 

○人物紹介
ハン・サンホ(仮名)30代半ばの男性。平壌出身で教育界で長く仕事をしてきた。日本在住の脱北者

チャン・チョルミン(仮名)咸鏡北道生まれ。軍服務の後2010年の脱北時まで国家安全保衛部(情報機関)で勤務した。韓国在住

司会 石丸次郎「北朝鮮内部からの通信・リムジンガン」編集長

石丸:金正恩氏は10万世帯アパート建設など、親である金総書記から受け継いだ平壌再開発プロジェクトを続けて きました。北朝鮮の経済は崩壊しているといっても過言ではないし、黄海道など地方の農村では農民たちのひどい窮状が伝えられているのに、平壌の開発にこだ わる理由は何だと思いますか。

続きを見る...

脱北者対論 一覧