寒くなるにしたがって電力需要は高くなる。原子力発電所が1基も動いていない今年の冬、北海道電力は16時から21時の時間帯に「2010年度比で6%以上」という節電目標を掲げているが、それ以外の電力各社は節電目標を設けていないという。原子力もなく、節電目標も掲げず、本当にこの冬を乗り切れるのだろうか。京都大学原子炉実験所・助教の小出祐章さんに聞いた。 (ラジオフォーラム

京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

◇火力発電所を止めてでも原発を稼動したい
ラジオフォーラム(以下R):寒い冬や暑い夏、原発が止まっていると電気が足りなくなるのではと、つい思ってしまう人が結構います。

小出:そのようですね。

R:原発を止めると、私たちのこういう豊かな暮らしが出来なくなるのではと恐怖を覚えてしまう。でも、実際はどうなのでしょう。

小出:私は電気をたくさん使うということが豊かだと実は思いません。しかし、電気をたくさん使うことが豊かだと思っている人たちにとっても、原子力というのは全く不要です。

R:それはどうしてですか。

小出:今、即刻全ての原子力発電所を停止したとしても、日本の電力供給には何の問題も生じないからです。それは私が言っているのではなくて、日本には、原子力発電所がどれだけ、火力発電所はどれだけ、水力発電所はどれだけ、というデータがすでに公表されています。私自身はその公表されているデータを調べているだけですけれども、日本で使う電力は、火力発電所と水力発電所をきちっと動かすことが出来るなら、いついかなる時も十分に間に合います。

R:3.11の前ですけど、日本の電力の3分の1は原子力発電ですというコマーシャルが流されていて、私たちはいつの間にか、原子力発電がなくなると暮らしそのものが成り立たなくなってしまうという錯覚を持っていました。

小出:まんまと皆さん騙されてしまったのですね。2012年の夏に大飯の原子力発電所というのを動かさなければ停電になるぞ、と国と関西電力が脅かして、大飯の原子力発電所3号機と4号機の2基を動かしました。合計出力270万キロワットですけれども、その陰で関西電力は、火力発電所を300万キロワット分停止させたのです。

日本には火力発電所が十分にあって、年間の稼働率でいえば、5割にも満たないのです。つまり、半分以上は火力発電所を止めておかなければならないほど、火力発電所が余っているのです。

R:なぜ、火力発電所をあえて止めて、或いは減らしてまで、原子力発電所を使おうとするのでしょう。

小出:原子力発電所というのは一度動かし始めてしまうと、出力調整もできませんし、ひたすら動かすしかないという、そういう機械なのです。ですから、動かしたら、とにかく1年間なら1年間、動かしておきたいので、どうしても稼働率、私たちは設備利用率と呼んでいますが、それが高くなってしまうのです。火力発電の方は需要に合わせて止めたり動かしたりできる大変便利なもので、夜間は止めてしまって動かさない、ということをずっとやってきたのです。

R:「火力発電所は燃料となる石油が高いので結局割高になってしまう、原子力発電の方がコストが圧倒的に安い」。これは現在ではほとんど嘘だったということが明らかになっていますね。

小出:そうですね。すっかり明らかになってしまっていて、数年前に立命館大学の大島堅一さんという方が、電力会社の経営データ、有価証券報告書という実際のデータを使って、それぞれの発電の方法の電力単価を計算してみたら、原子力が1番高かったという結果がすでに出ています。