閑散とした婦人服売場。(写真はすべて2011年9月 ク・グァンホ撮影)

閑散とした婦人服売場。(写真はすべて2011年9月 ク・グァンホ撮影)

 

市場に負けた国営ナンバーワン百貨店 [3]

取材 ク・グァンホ  整理・解説 石丸次郎

石丸:第一百貨店は、建物は立派ですけれど、売ってくれない商品が多いですね。

:平壌で一番大きな百貨店です。平壌に住む人間にとっては、百貨店に並べてある物は陳列品に過ぎず販売しない というのは常識です。取材に行った日に(国定価格で)売っていたのは、タバコ、衛生紙、女性の髪留め、粉末洗剤、しゃもじ、子ども用の靴ぐらい。

続きを見る...

※ 取材時のウォンの実勢レートは、100円が約3800ウォン。ちなみに国定の労働者の月給は2~3000ウォン程度である。
※ 当連載は、「シリーズ 北朝鮮の市場経済」 を再構成してアップしております。

<<写真ルポ2回