寒くなるにしたがって電力需要は高くなる。原子力発電所が1基も動かなかった今冬、北海道電力は16時から21時の時間帯に「2010年度比で6%以上」 という節電目標を掲げているが、それ以外の電力各社は節電目標を設けていないという。原子力発電ゼロ、北電以外は節電目標も掲げず、冬の電力供給に問題は 生じていない。京都大学原子炉実験所・助教の小出祐章さんに聞いた。(ラジオフォーラム)

京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

◇火力発電所を止めてでも原発を稼動したい

ラジオフォーラム(以下R):寒い冬や暑い夏、原発が止まっていると電気が足りなくなるのではと、つい思ってしまう人が結構います。

小出:そのようですね。

R:原発を止めると、私たちのこういう豊かな暮らしが出来なくなるのではと恐怖を覚えてしまう。でも、実際はどうなのでしょう。

小出:私は電気をたくさん使うということが豊かだと実は思いません。しかし、電気をたくさん使うことが豊かだと思っている人たちにとっても、原子力というのは全く不要です。

R:それはどうしてですか。

小出:今、即刻全ての原子力発電所を停止したとしても、日本の電力供給には何の問題も生じないからです。それは 私が言っているのではなくて、日本には、原子力発電所がどれだけ、火力発電所はどれだけ、水力発電所はどれだけ、というデータがすでに公表されています。 私自身はその公表されているデータを調べているだけですけれども、日本で使う電力は、火力発電所と水力発電所をきちっと動かすことが出来るなら、いついか なる時も十分に間に合います。

続きを見る...

「小出裕章さんに聞く 原発問題」まとめ