◇鴨緑江の氷溶け住民たちが洗濯 両江道恵山市

両江道の恵山(ヘサン)市は、北朝鮮の最北部の都市。厳冬期には零下30度まで気温が下がり、すべてが凍てつく。
恵山市は鴨緑江を挟んで中国の吉林省長白県と向き合う。
3月後半に入って気温が上がり、鴨緑江を覆っていた分厚い氷が溶け始めた。北朝鮮の女性たちが川の中央まで来て洗濯している。遅い春の兆しがようやく見え始めた。(石丸次郎)

中国長白県から見た恵山市の渭淵(ウィヨン)洞。右奥の5階建てアパートは新しくできたもので、「首領福」「太陽福」「将軍福」の三代世襲を幸いなものと宣伝するスローガンが見える。3月21日に撮影 (アジアプレス)

中国長白県から見た恵山市の渭淵(ウィヨン)洞。右奥の5階建てアパートは新しくできたもので、「首領福」「太陽福」「将軍福」の三代世襲を幸いなものと宣伝するスローガンが見える。3月21日に撮影 (アジアプレス)

 

鴨緑江の水は洗濯、飲用にも用いられる。3月21日に中国長白県から撮影 (アジアプレス)

鴨緑江の水は洗濯、飲用にも用いられる。3月21日に中国長白県から撮影 (アジアプレス)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします