原子力発電所の危険性が多くの人に認識され、いくつかの代替エネルギーに光が当てられている。その一つに、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせたコン バインドサイクル(複合発電)と言われる高効率な発電方式の導入が進められている。このコンバインドサイクルとはいかなるものなのか、京都大学原子炉実験 所・助教の小出裕章さんに聞いた。(ラジオフォーラム

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

◇熱効率が進化した発電方法

ラジオフォーラム(以下R):全国各地で火力発電所の高効率化が急速に進んでいるようです。そもそも従来の火力発電とコンバインドサイクル方式は、大きく違うものなのですか。

小出:まず、従来の火力発電も原子力発電も、いわゆる蒸気機関と私たちが呼んできた機械なのです。 約200年前に産業革命が起こり、 当時ジェームス・ワットという人たちがしきりにいろいろな機械を発明しようとしていました。その結果、水を沸騰させて蒸気を吹き出すことができれば、 その蒸気の力で機械が動くということを見つけたのでした。

それ以降、沢山の機械が使われるようになってきたわけですが、 火力発電所も原子力発電所も、その蒸気の力でタービンという羽根車を回して発電するという、まあ言ってみれば、大変古めかしい機械だったのです。

特にそのうちでも原子力発電は、圧倒的に効率の悪い蒸気機関でして、未だに熱効率と私たちが呼んでいるものが33%しかないのです。 つまり、生み出した熱のうち33%しか利用できず、 残りの67%、つまり倍の熱は捨てるしかないというようなバカげた発電方法なのです。

R:海に流して海水温を上げているという話でしたね。

小出:そうです。 ですから、使える電気の量に比べれば2倍もの熱で海を温めて 環境を破壊してきたというものが原子力発電だったのです。
同じ蒸気機関である火力発電所の場合には、より高温の蒸気を生み出せるようになりまして、 熱効率が40%、50%というようなところまで既に来ています。その上に火力発電の場合には、もともと燃焼した時にガスが出てくるわけですけれども、 そのガスの力でガスタービンを回し、さらに、余った熱の蒸気でタービンを回すという、いわゆるコンバインド(複合)という形の発電方法が急速に確立してき ました。