「関西電力は歴代総理に闇献金をしていた」と関電の元副社長が語ったことを朝日新聞が報じた。電力会社と政界の癒着はこれまでも報じられてきたが、当事者が暴露するのは異例のことだ。今回はこのことについて、京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんに聞いた。(ラジオフォーラム

京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

◆日米原子力協定の改定時期に献金

ラジオフォーラム(以下R):関西電力の元副社長の内藤千百里(ちもり)さんが証言されて、歴代総理に2千万円もの闇献金をしていたという記事が出ました。この記事を読まれて、まずどういうふうにご感想を持たれましたか。

小出:この方は、「原子力発電所なんて、安全だとは一度も思ったことがなかった」と、ご自分でおっしゃり、そう 思いながらも政治家に金を渡して、原子力を進めてきた張本人のひとりだったわけです。それが福島第一原子力発電所の事故を目の当たりにして、やはり発言を しようと決意をしたということで、まっとうな方だと思います。

R:91歳にして、述べ69時間のインタビューに答えられています。そして、歴代総理の名前も挙げて、中曽根総理大臣、竹下総理大臣に献金をしたと話しています。この二人は、1987、88年頃の総理大臣なのですが、まさにこの時に、日米原子力協定が改定されていますね。

小出:そうですね。もともとは、55年に最初の日米原子力研究協定ができて、68年に改定されました。そして、20年経った88年に、現在発効している日米原子力協定が作られました。
次のページ...