東京電力福島第一原発の事故処理において、当面の最大の問題とされている汚染水処理問題。その現状と今後の見通しについて、京都大学原子炉実験所OBの小出裕章さんに聞いた。(ラジオフォーラム

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

ラジオフォーラム(以下R):東日本大震災、あるいは福島第一原発事故から4年が経ちましたが、いまだ熔け落ちた核燃 料がどこにあるのか分からず、汚染水問題も難航しています。汚染水の浄化処理について、東京電力は当初、2014年度内に完了すると言っていましたが、そ の見通しを「5月中」に延期しました。現在、汚染水の状況はどうなっているのでしょうか。

小出:一言で説明するのは大変難しいのですけれども、要するに、どうしようもない状態になっています。

そもそもなぜ汚染水などというものが生じるのかといえば、熔け落ちた炉心が今どこに、どんな状態であるのかさえ分からないからです。事故後、この4 年間、何をやってきたかと言えば、「冷やす」ためにただひたすら水をかけ続けてきたのです。これ以上、炉心を熔かしてしまえば、大量の放射性物質が出てき てしまうからです。

どこに熔けた炉心があるのか分からないけれども、圧力容器の中に水をとにかく入れようということで、4年間ずっとやってきたわけです。そうなれば、 入れた水が放射能で汚れた汚染水になってしまうということは当たり前のことであって、入れれば入れるだけ汚染水が増えてしまうわけです。

途中から、ただ外からかけるだけではダメだろうということで、循環冷却という形でグルグル回せばいいのではと、東京電力も国も考えました。けれども 残念なことに、福島第一原子力発電所は2011年3月11日に巨大な地震に襲われてしまったわけで、原子炉建屋をはじめ、いろいろなところにヒビが入って いるのです。割れてしまっていて、外部から地下水がどんどん建屋の中に流れて込んできてしまうのです。

そうなると、その外部から流れてきた地下水が、放射能の汚染水と渾然一体となってしまって、どんどんその量が増えてゆきます。ついこの間までは、地 下水の流入によって、放射能汚染水が毎日400トンずつ増え続けてしまうということになっていました。東京電力は福島第一原子力発電所の敷地の中に、汚染 水を溜めるタンクというのをどんどん造ってきたのですけれども、もう既に50万トンを超える汚染水が溜まってしまっているのです。

このままではいけないということで、上流から流れ込んでくる地下水を途中で汲み上げて、原子炉建屋の方に行かないようにしようということを―バイパ スと言っているのですけれども―やり始めました。しかしながら、そんなことで減らせた量はほんのわずかで、未だに毎日350トンもの汚染水が増え続けると いう状況になっています。

R:地下水の流入を止めるための凍土壁という話もありましたが、結局難航してまだ実現していませんね。