東京電力福島第一原発で事故が起きても、なお、原子力をやめようとしない日本政府。なぜ日本は事故の反省に立って他の道を模索することができないのか。この単純な疑問について、元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんに聞いた。(ラジオフォーラム

元京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

元京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

◆原子力マフィアが福島から学んだ教訓とは
ラジオフォーラム(以下R):関西電力は、運転開始から40年を超える美浜原発1、2号機の廃炉を決めました。日本原子力発電は敦賀原発1号機を、九州電力は玄海原発1号機の廃炉を決めました。しかしその一方で、運転開始から40年前後の関西電力高浜原発1、2号機、あるいは美浜原発3号機などは、原子力規制委員会に安全対策審査が申請されています。つまりこれは、40年を超えても運転を続けていこう、原発稼働を復活させようという政府と電力会社の意向が働いているわけです。この現状を小出さんは今、どうご覧になっていますか?

小出:非常に端的に言えば、あまりにも愚かだなと思います。これまで「原子力マフィア」と私が呼ぶような人たちが、原子力発電所だけは絶対に事故は起こしませんと言い続けてきたわけですけれども、大変残念なことに福島第一原子力発電所の事故が事実として起きているわけです。何よりも事実というものが一番大切なわけですから、それを見たのであれば、これまでのように「原子力発電所は安全だ」と思うこと自体がもう話にならないくらい間違えていると私は思います。

R:それでも彼らは原子力を続けようとしています。

小出:彼らがどうしてもやりたいと言うのには当然、理由があるのです。金儲けをしたくて国も電力会社も原子力産業もみんな集まってやってきたわけで、これからも金儲けをしたがっているのです。そのために、例えば海外に原子力発電所を輸出するというようなことを今、言っています。
けれども、「自分の国ではもう原子力はやめた。それでもお前のとこで買え」というようなことは絶対言えないわけです。やはり海外に売ろうとするなら、「自分のとこでも原子力発電やっています」というようなことを言わなければいけない。そのために、再稼働させるということに突き進んでいるのだと思います。

R:再稼働だけでなく、政府は重要なベースロード電源だと位置づけ、これからもどんどん原発を利用する方針だということを示していますね。

小出:彼らにどうしてそれができるのかと言うと、彼らは福島第一原子力発電所の事故から学んだ教訓があるのです。その教訓とは、自分たちがどんなに酷い事故を起こして、人々をどんなに苦しめたところで、自分たちは処罰されないということです。そのことが、彼らが得た最大の教訓になっているわけです。どんなに古い原子力発電所を動かして事故になろうと、自分たちは絶対に責任を問われないし、処罰もされないということが、福島第一原子力発電所の事故で分かってしまったわけですから、彼らとしては原発をやめる理由はどこにもないということになったのだと思います。