高度経済成長の頃、原子工学は理系学生の花形だった。優秀な学生たちが原子力に夢を持って大学に進み、卒業後は原子力産業の成長に大いに貢献してきた。そして、彼らが揺るぎない地位を築いたとき、福島第一原発事故が起こった。自身も原子力に夢を抱いて大学に進学されたという、元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんに聞いた。(ラジオフォーラム

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

ラジオフォーラム(以下R):東京でお育ちになり、1968年に東北大学に進まれました。大学でなぜ原子力をやろうと思われたのでしょうか。
小出:私の子どもの頃は、鉄腕アトムという漫画が流行っていた時代でした。原子炉で動くロボットで、アトムの妹はウランちゃんだったし、兄貴はコバルトという名前でした。これからは原子力の時代なんだということが社会に蔓延していましたし、日本の国家の方も積極的に、「これからは原子力なんだ」、「化石燃料なくなっちゃうんだから、未来は原子力」というような宣伝をしきりに流していまして、中学・高校の頃に私はそれを聞かされて、てっきり信じてしまいました。
R:なるほど。それが嘘八百とわかったのは、どんな瞬間でしたか。
小出:いくつもありますけれども、私の場合には2つの契機がありました。1つは、1968年に私は大学に入ったのですが、その時は大学闘争というのが闘われていた時代でした。私自身は大変右翼チックで保守的な学生だったので、学生服を着て大学に通っていましたし、1時間も授業を欠席したことがないといような愚かな学生でした。

R:いや、それは愚かなのですか(笑)
小出:はい。今から思えば、あまりに愚かだったと思います。大学闘争で何をやっているかもわからないまま、ひたすら原子力をやりたいと思っていた学生だったのです。そういう時代の中で、私は原子力をやるために、東北大学という大学に行きました。宮城県の仙台という結構大きな町で私は勉強していたわけですが、東北電力という電力会社が原子力発電所を造るという計画を立ち上げたのです。