北朝鮮において鉄道は交通の大動脈であり、また代表的な大規模国営企業のひとつである。経済難によって車両や施設の老朽化が進むみ、深刻な電力事情で運行 が麻痺していることは以前から伝えられてきたが、金正恩時代に入って鉄道はどのように運営されているのだろうか?最新の運賃や運行状況について、咸境北道 清津市(チョンジンシ)に住む鉄道事情に詳しい取材協力者に聞いた。(ペク・チャンニョン)

北朝鮮ではぼろぼろになった貨車をしばしば見かける。線路工や駅員たちが、お金を稼ぐために車体から鉄を取り外して売り払う不正が横行している。 2013年9月リ・フン撮影(アジアプレス)

北朝鮮ではぼろぼろになった貨車をしばしば見かける。線路工や駅員たちが、お金を稼ぐために車体から鉄を取り外して売り払う不正が横行している。 2013年9月リ・フン撮影(アジアプレス)

 

「朝鮮に住む多くの人も、列車運行の遅れを電力不足だと思っているが、実は列車を牽引する機関車の不足と頻繁な故障に大きな原因がある。一番長い路線であ る「東海岸線」を見ると、停電による遅延よりも、むしろ故障した機関車を修理したり、機関車の交換を待つことで長い時間を浪費している」
清津市に住むこの協力者は言う。

※東海岸線: 北朝鮮の南部と北部地域を、東海岸に沿って繋いだ主な鉄道路線の一つ。

この取材協力者によれば、咸境北道では、鉄鉱石生産基地の茂山(ムサン)鉱山と、大規模製鉄所に優先的に電気が供給されるため、その区間を結ぶ鉄道への電気供給は悪くないのだという。

続きを見る...

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…