北朝鮮「御用記者」の生態を、放送局記者だったユン・ビョンヒ氏が綴る顛末記の二回目。北朝鮮で記者といえば、党の方針、つまり金日成-金正日思想の伝達者、解説者、宣伝者である。ゆえに幹部たちも取材要請を拒絶できない。新人だったユン氏はたちまち特権を行使することに。(寄稿 ユン・ビョンヒ 整理/訳 リ・ジンス)

テレビは普及しているが、政治と指導者の偉大性に関する番組ばかりで面白くないというのが北朝鮮住民の共通した感想。東部地域で、2007年4月リ・ジュン撮影(アジアプレス)

テレビは普及しているが、政治と指導者の偉大性に関する番組ばかりで面白くないというのが北朝鮮住民の共通した感想。東部地域で、2007年4月リ・ジュン撮影(アジアプレス)

北朝鮮記者の取材手法
当時は「苦難の行軍」真只中であったため、批判記事を書けない国営メディアの性質上、取材対象がとても不足していた。朝鮮で最も大きい通信社である「朝鮮中央通信」ですらも、取材源港を満足に供給できず、配信記事の半分を歌謡曲で埋めていたほどだった。

両江道でも工場や企業所のほとんど全てが操業停止に追い込まれており、主な取材対象は協同農場とならざるを得なかった。配給が途絶したといっても、農業生産は続いていたからだ。

ここで少し取材手法を紹介したい。

取材対象の企業所や協同農場に出向くとまず、初級党秘書(注4)に会い、取材に来た旨を伝えることから始まる。取材を拒む党秘書はいない。朝鮮の記者には、相手に無条件で取材を要求できる特権が与えられている。

続きを見る...


4 初級党秘書は、党員が150人以上1000人以下の工場・企業所などで党員を指導する。秘書(書記)は、党員が10~20人の場合は「細胞秘書」、150人未満の場合は「部分党秘書」、1000人以上の場合は「責任秘書」とそれぞれ呼ばれる。
※当記事は、『北朝鮮内部からの通信「リムジンガン」第7号』に掲載されています。

<国営メディアの記者生活>記事一覧

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…