北朝鮮の記事にも社説、論説、政論、論評の他、現地取材などの「企画もの」があるが、その使命は人民のためではなく、党と首領のためのものである。取材から発表までどのような過程を経るのか?両江道恵山(ヘサン)市の放送委員会で8年にわたって報道部記者を務めたユン・ビョンヒ氏による告白手記の三回目。(寄稿ユン・ビョンヒ 整理/訳リ・ジンス)

撮影者によると「中の上のぐらいの生活水準」の家庭の夕食の団欒。カラーテレビとラジカセが見える。朝鮮中央放送は平日は午後5時から11時までの放送。ラジオは各道で地域放送もしている。(2008年6月 平安南道徳川(トクチョン)郡 ペク・ヒャン撮影)

撮影者によると「中の上のぐらいの生活水準」の家庭の夕食の団欒。カラーテレビとラジカセが見える。朝鮮中央放送は平日は午後5時から11時までの放送。ラジオは各道で地域放送もしている。(2008年6月 平安南道徳川(トクチョン)郡 ペク・ヒャン撮影)

 

金ファミリーの偉大性宣伝が任務
朝鮮で「報道」を定義するならば、社会の成員すべてを「全社会の金日成主義化」の要求に合わせ教養、改造するための手段であり、人民大衆を革命と建設に動員させるための思想的な武器といえる。

放送は、人民たちの「知る権利」とは無関係なところで、労働党の思想と意図を一方的に伝え、党の方針と思想が正当であることを流しさえすればそれで事足りる事業なのである。規定された放送の使命も「全社会の主体(チュチェ)思想化、金日成主義化の実現」となっている(注5)。

記事の種類には、社説、論説、政論、論評、偉大性の教養記事、徳性実話、肯定教養記事、紹介記事、闘争記、同乗記、参観記、座談会、現地放送、階級教養記事、手記、随筆など様々なものがある。

中でも最も割合の多い「肯定教養記事」の場合は、党の方針によく合致する個人や集団の話を通じ、「皆さんも彼らのように闘争しなければならない」と書くことになる。体制にとって肯定的な行動や精神を取り上げて、そういった行動こそが党が望むものであり、今の時代の真の人生であると強調するのだ。

続きを見る...

【以下注】
5 放送の目的と使命をまとめた書籍には『放送話術論』、『放送記者論』、『出版報道理論』などがある。いずれにも故金日成主席、故金正日総書記のテーゼが記載されており、放送の指針として明記されている。
6 党と国家の最高指導者である金日成、金正日、金正恩が、直接執筆したとされる論文や書籍を指す。
7 正確には「朝鮮中央第3放送」という有線ラジオ。党の指示を伝達・宣伝するために北朝鮮の全家庭に設置されているが、電力不足や施設の補修不備のため、まともに稼動していないという報告が相次いでいる。
※当記事は、『北朝鮮内部からの通信「リムジンガン」第7号』に掲載されています。
「リムジンガン」第7号の詳細

<国営メディアの記者生活>記事一覧

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…