キム・ドンチョルが撮影した映像を見ると、「デゴリクン」たちが自転車にトウモロコシなどをいっぱい積んで坂道を上がっていく場面が出て来る。映像の中で「デゴリクン」の男性は次のように話す。
「転売しても1キロ当たり30ウォン程度しか残らず利益は多くない。よく稼いだ日でトウモロコシの3キロ分の利益、稼げなければ1キロ分」。

農村で仕入れた穀物を運ぶ途中に、保安員(警察)の取り締まりに引っかかった、夫婦とみられる「テゴリクン」。「間違いなく賄賂を要求される」と撮影者は言った。 2008年8月平壌市郊外の農村部で、撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

農村で仕入れた穀物を運ぶ途中に、保安員(警察)の取り締まりに引っかかった、夫婦とみられる「テゴリクン」。「間違いなく賄賂を要求される」と撮影者は言った。 2008年8月平壌市郊外の農村部で、撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

 

撮影当時のトウモロコシ価格は1キロ=約3000ウォンだったので、3キロ分の利益9000ウォンを得ようとすると、300キロのトウモロコシを運んで転売しなければならない。大変な重労働だ。

金正恩政権になって住民の移動に対する統制が強化された。また、検問所では、運ばれる食糧を押収したり、賄賂を要求したりするため「デゴリクン」の生活は一層悪化しているという。(ペク・チャンリョン)

これはイチゴの「テゴリ」の様子。平壌中心の大同江畔に集まった「テゴリクン」たちが、郊外から運んできたイチゴの価格を卸商人と交渉をしている。2011年6月撮影ク・グアンホ(アジアプレス)

これはイチゴの「テゴリ」の様子。平壌中心の大同江畔に集まった「テゴリクン」たちが、郊外から運んできたイチゴの価格を卸商人と交渉をしている。2011年6月撮影ク・グアンホ(アジアプレス)

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…